太陽とヴィーナス  ケチミャク桜の木の下で

デザイン:和川祐介

0 お気に入りチラシにする

劇団オガワ

サンピアザ劇場(北海道)

2016/03/12 (土) ~ 2016/03/13 (日) 公演終了

上演時間:

時は二〇一五。古きモノと新しきモノが共存しながらも、時はゆったり、しかし着実に流れ、老兵は姿を消していく。それは伝説と呼ばれた桜の木もまた同じだったー。
ー何でも屋・レッドカンパニーは今日も貧乏暇なし大忙し。「わ」について論ぜよという意味不明なレポート代行を引き受け、悩む社長のレッド。さらに...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/12 (土) ~ 2016/03/13 (日)
劇場 サンピアザ劇場
出演 大久保雄貴、京野このみ、白井ゆきや、西野友理、松尾賢弥、三浦文媛、村中勇斗、山谷怜、斉藤玲史、小武冴佳、和川祐介、札幌山の手高校演劇部
脚本 蝦夷凛
演出 和川祐介
料金(1枚あたり) 0円 ~ 500円
【発売日】2016/02/01
一般500円、高校生以下 無料
サイト

http://6hp.jp/?id=ogawan

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3.12(土)①14:30頃~(14:00) ②18:15頃~(18:00)
3.13(日)13:00頃~(13:00)
※カッコ内は全体演目の開演時間
※開場は全体演目開演時間の30分前
※同公演はMixArt2016の一つとして上演されるため、他団体の公演状況により開演時間が前後します。詳細については下記リンクよりご確認ください。→若
説明 時は二〇一五。古きモノと新しきモノが共存しながらも、時はゆったり、しかし着実に流れ、老兵は姿を消していく。それは伝説と呼ばれた桜の木もまた同じだったー。
ー何でも屋・レッドカンパニーは今日も貧乏暇なし大忙し。「わ」について論ぜよという意味不明なレポート代行を引き受け、悩む社長のレッド。さらに、次から次へと舞い込む依頼に、初めて相棒のアンドロイド・カルピスに一つの依頼を任せることになるが…。
2011年劇団オガワ本公演で上演された「太陽とヴィーナス」が5年の時を経て戻ってきた!原作は、札幌演劇界で広く活躍している潮見太郎が執筆。それを座付作家・蝦夷凛がアレンジ。ロボット技術の革新、AI(人工知能)の進化が急速に進む現代に、改めて「人と機械の違いは何なのか」を問う。第2作となる今回は、MixArt参加者8人と札幌山の手高校演劇部を迎え、北海道に実在する伝説の桜をモチーフに物語が展開していくー
その他注意事項
スタッフ 舞台監督・音響操作:佐藤美穂 / 撮影:清澤光洋 / イラスト:京野このみ

[情報提供] 2016/02/28 04:24 by 和川祐介

[最終更新] 2016/02/29 23:42 by 和川祐介

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大