かながわ絆プロジェクト

STスポット(神奈川県)

2016/03/11 (金) ~ 2016/03/13 (日) 公演終了

上演時間:

きっと何かが 繋がっている
あなたがいたから 私がいるの

大正12年9月1日。
横浜港を見おろす丘の上に建つ女学校、彩華学園の聖堂では、結婚式の準備が行われていた。
が、その時…

11時58分。関東大震災勃発。

結婚式に列席していた多くの命を、一瞬にして奪っていった。中...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/11 (金) ~ 2016/03/13 (日)
劇場 STスポット
出演 石井祐也、石田咲楽、石田優凜、伊藤大助、勝又美紀、栗山永吾、小島有子、小林薫、佐々木由美子、佐藤敏美、下山達也、新広裕紀子、鈴木かおり、鈴木暢海、鈴木結里、菅野妙子、高森秀之、得居実莉、萩谷邦昭、外西あつこ、増田美香、山口麻衣、山田まり絵、渡辺るみ
脚本 山谷典子(文学座)
演出 辻輝猛
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
<全席自由>
3000円
サイト

http://kanagawakizuna.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月11日(金) 19 時
3月12日(土) 13 時
3月13日(日) 12 時
説明 きっと何かが 繋がっている
あなたがいたから 私がいるの

大正12年9月1日。
横浜港を見おろす丘の上に建つ女学校、彩華学園の聖堂では、結婚式の準備が行われていた。
が、その時…

11時58分。関東大震災勃発。

結婚式に列席していた多くの命を、一瞬にして奪っていった。中には幼い命も…。

♪100の夜を数えても
あの日の前には戻らない
生まれ変わったら会えるのでしょうか

天災が奪い去った、続いていく筈の多くの命、そして時間…。
再び大震災を経た今、二つの時代を繋ぐ「トキノキズナ」とは…?

東日本大震災の被災者支援を横浜で! とはじまった、かながわ絆プロジェクトが第5回の公演を迎え、東日本大震災の1年後に第1回の公演として上演した『ト・キ・ノ・キ・ズ・ナ』の再演を手がけます。関東大震災当時のフェリス女学院中・高等学校の女子生徒たちが綴った手記をもとに、その当時の横浜が再び蘇ります。
その他注意事項
スタッフ 【音楽】…後藤浩明
【歌唱指導】…高崎真介
【振付】…おどるなつこ
【美術】…大沢佐智子
【照明】…若井道代
【音響】…藤平美保子
【小道具】…とくいかよ
【舞台監督】…中野 佑
【宣伝美術】…山田マリエ
【HP】…平井しのぶ
【制作】…外西淳子
【プロデューサー】…高森秀之
【製作】…かながわ絆プロジェクト
【参考】…「関東大震災女学生の記録」 (学校法人フェリス女学院 2010年発行)

[情報提供] 2016/02/19 17:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/02/19 17:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大