演劇

CAB DRIVER×劇団森

〔原案〕H.ヘッセ『メルヒェン』より

Märchen メルヒェン

0 お気に入りチラシにする

演劇

CAB DRIVER×劇団森

Märchen メルヒェン

〔原案〕H.ヘッセ『メルヒェン』より

劇団森

早稲田小劇場どらま館(東京都)

2016/03/26 (土) ~ 2016/03/28 (月) 公演終了

上演時間:

──現実を、誕生を、悩みと死を、
    優雅に、霊妙に、アラベスクのように柔らかく
      私たちの生はさながら妖精たちの舞踏のようだ


1919年、ドイツの詩人ヘッセは一冊の創作童話集を発表する。
それは、狂い始めた世界に対する警鐘と喚起であった。

若かりし日の挫折...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/26 (土) ~ 2016/03/28 (月)
劇場 早稲田小劇場どらま館
出演 青木祐樹、浅利友菜、井上智香子、小島恵理(劇団てあとろ50')、近藤真由(SeirenMusicalProject)、新屋敷朋子、平川千晶、宮本秀、武藤萌香、矢島聖人、【歌唱】吉田菜都実(SeirenMusicalProject)他
脚本
演出 吉田響
料金(1枚あたり) ~ 0円
【発売日】2016/02/18
サイト

http://marchenshin.wix.com/kikaku-sangatsu

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月26日(土) 14:00 / 19:00
3月27日(日) 14:00 / 19:00
3月28日(月) 14:00
説明 ──現実を、誕生を、悩みと死を、
    優雅に、霊妙に、アラベスクのように柔らかく
      私たちの生はさながら妖精たちの舞踏のようだ


1919年、ドイツの詩人ヘッセは一冊の創作童話集を発表する。
それは、狂い始めた世界に対する警鐘と喚起であった。

若かりし日の挫折。
追憶の向こう側。
戦争と平和。
愛する幸福と不幸。
人は何を畏れ、生きているのか。

彼が生涯をかけて追い求めた総てが詰まった、4編からなる物語。
その他注意事項 【お問い合わせ】
メール:gekidan_shin@hotmail.com
Twitter:@gekidan_shin
スタッフ 【舞台監督】松尾春佳
【舞台監督補佐】金森悠介(劇団てあとろ50')、井上智香子
【舞台美術】舞台美術研究会
【音響】田中佑実
【音響操作】大嵜逸生
【照明】朝戸美貴
【照明操作】早野宏美
【宣伝美術】間宮きりん
【演出助手・撮影】早川絵里香
【制作】倉木志帆

[情報提供] 2016/02/18 00:29 by しんやしき

[最終更新] 2016/03/23 12:41 by しんやしき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー13

青戸かなえ/陽暮海青

青戸かなえ/陽暮海青(0)

役者・俳優 制作 当日運営

運営で関わらせていただきます。 よろしくお願いします!

えりか

えりか(0)

メルヒェンな気分になります

あさり

あさり(0)

役者・俳優

出ます~

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大