演劇

こまつ座第八十五回公演・紀伊國屋書店提携

父と暮せば

こまつ座

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2008/06/13 (金) ~ 2008/06/22 (日) 公演終了

上演時間:

1995年、日本各地を巡る全国公園を開始(すまけい・梅沢昌代)。98年には上演回数200回に迫り(前田吟・春風ひとみ)、2001年、モスクワにてこまつ座初の海外公演(沖恂一郎・斉藤とも子)、 2004年には香港での公演も実現した(辻萬長・西尾まり)。また、黒木和雄監督の手により戯曲に忠実に映画...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/13 (金) ~ 2008/06/22 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 辻萬長、栗田桃子
脚本 井上ひさし
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 4,200円
【発売日】2008/05/17
一般4,200円
学生3,150円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.komatsuza.co.jp/kouen_new/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1995年、日本各地を巡る全国公園を開始(すまけい・梅沢昌代)。98年には上演回数200回に迫り(前田吟・春風ひとみ)、2001年、モスクワにてこまつ座初の海外公演(沖恂一郎・斉藤とも子)、 2004年には香港での公演も実現した(辻萬長・西尾まり)。また、黒木和雄監督の手により戯曲に忠実に映画化された同名映画も、異例のロングランを記録した。
戦後60年を迎えた2005年までに、通算368ステージを数え、『紙屋町さくらホテル』(97年)、そして最新作の朗読劇『リトル・ボーイ、ビッグ・タイフーン』(08年)の原点ともなった『父と暮せば』。女優栗田桃子を美津江役に迎えて、装いも新たに、三年ぶりの上演開始。次世代に語り継ぎたい、井上戯曲の傑作にしてこまつ座のライフワーク!!
その他注意事項
スタッフ 作 井上ひさし 演出 鵜山仁

[情報提供] 2008/04/17 12:08 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/06/23 21:42 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大