演劇

演劇集団キャラメルボックス

サンシャイン劇場(東京都)

他劇場あり:

2016/03/11 (金) ~ 2016/03/27 (日) 公演終了

休演日:3/14(月)、3/22(火)

上演時間:

『クロノス・ジョウンターの伝説』は、SF作家の梶尾真治さんが1994年から書き続けてきた短編小説のシリーズ。
私たちキャラメルボックスはこのシリーズを第一作から舞台化してきましたが、『きみがいた時間 ぼくのいく時間』はその四作目で、初演は2008年。これを8年ぶりに再演すると同時に、私・成井...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/11 (金) ~ 2016/03/27 (日)
劇場 サンシャイン劇場
出演 阿部丈二、渡邊安理、小多田直樹、林貴子、森めぐみ、毛塚陽介、木村玲衣、関根翔太、西川浩幸、坂口理恵、岡田さつき、前田綾、筒井俊作、石原善暢
脚本 成井豊
演出 成井豊、真柴あずき
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 7,000円
【発売日】2015/12/26
平日 S席(1階・指定席)7,000円 A席(2階・自由席)5,500円
土日祝 全席指定 7,000円
※ユースチケット(24歳以下)4,000円、小中高生シート(平日のみ)1,000円、OVER60割引4,000円
サイト

http://www.caramelbox.com/stage/double2016/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3/11(金)19:00
3/12(土)12:00 / 16:30
3/13(日)12:00 / 16:30
3/14(月)休演日
3/15(火)19:30
3/16(水)14:00
3/17(木)19:00
3/18(金)19:00
3/19(土)12:00 / 16:30
3/20(日)12:00 / 16:30
3/21(月)12:00 / 16:30
3/22(火)休演日
3/23(水)19:00
3/24(木)14:00 / 19:00
3/25(金)19:00
3/26(土)12:00 / 16:30
3/27(日)14:00
説明 『クロノス・ジョウンターの伝説』は、SF作家の梶尾真治さんが1994年から書き続けてきた短編小説のシリーズ。
私たちキャラメルボックスはこのシリーズを第一作から舞台化してきましたが、『きみがいた時間 ぼくのいく時間』はその四作目で、初演は2008年。これを8年ぶりに再演すると同時に、私・成井豊がシリーズのオリジナル新作『フォーゲット・ミー・ノット』を書き下ろします。
そのどちらにも登場するのが、物質を39年前の過去に送り出す機械クロノス・スパイラル。
運命に挑んだ二人の男の物語。ぜひとも劇場で見届けてください。成井豊

【きみがいた時間 ぼくのいく時間】
2008年1月、住島重工の研究員・秋沢里志(阿部丈二)は、海外派遣留学を終えて、5年ぶりにニューヨークから帰国する。
空港で待っていたのは、5年前に別れたはずの恋人・紘未(林貴子)だった。自分の帰りを待ち続けていた紘未に、里志は激しく心を動かされる。
一方、里志は住島重工の子会社P・フレックで、新しい機械の開発に携わることになる。
それは、物質を39年前の過去に送り出す機械クロノス・スパイラルだった。
最初の実験の日、里志のもとに電話がかかってくる。紘未がトラックに撥ねられ、病院に運ばれた……。

【フォーゲット・ミー・ノット】
1970年4月、小学6年の吉野てるみ(木村玲衣)は、母の節子が運転する車で帰宅する途中、事故に遭う。男が突然、車の前に飛び出してきたのだ。
急いで男を病院に運ぶが、彼は記憶を失っていた。
彼の持ち物を調べると、P・フレックという会社の社員証が見つかる。そこに記された名前は、春山恵太(筒井俊作)。
節子は春山に、記憶が戻るまで自分の家に住めと言う。しかし、春山は何も思い出せない。
唯一頭に浮かんできたのは、「クロノス・スパイラル」という意味不明の言葉だけだった……。
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
スタッフ 原作:梶尾真治『クロノス・ジョウンターの伝説』(徳間書店刊)

[情報提供] 2016/01/19 18:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/03/28 01:57 by yocya

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!