舞踊・バレエ

勅使川原三郎 アップデイトダンス

原作 ブルーノ シュルツ

舞踊・バレエ

勅使川原三郎 アップデイトダンス

No.30「青い目の男」

原作 ブルーノ シュルツ

KARAS

KARAS APPARATUS(東京都)

2016/01/16 (土) ~ 2016/01/23 (土) 公演終了

休演日:1月19日(火)

上演時間:

勅使川原三郎はポーランドの作家ブルーノ シュルツの
短編を基に、言葉と身体の新たな関係を追求する創作を
3年余りにわたり、両国・シアターXで継続しています。
昨年7月に同劇場で上演された「青い目の男」は、短編
「夢の共和国」から想を得て創作されました。この度、
アパラタス版として新に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/16 (土) ~ 2016/01/23 (土)
劇場 KARAS APPARATUS
出演 勅使川原三郎、佐東利穂子
演出 勅使川原三郎
振付 勅使川原三郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
予約一般 2500円、当日3000円、学生1500円
サイト

http://www.st-karas.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 日程 2016年
1月16日(土)20:00
1月17日(日)16:00
1月18日(月)20:00
1月19日(火)休演日
1月20日(水)20:00
1月21日(木)20:00
1月22日(金)20:00
1月23日(土)16:00
説明 勅使川原三郎はポーランドの作家ブルーノ シュルツの
短編を基に、言葉と身体の新たな関係を追求する創作を
3年余りにわたり、両国・シアターXで継続しています。
昨年7月に同劇場で上演された「青い目の男」は、短編
「夢の共和国」から想を得て創作されました。この度、
アパラタス版として新に公演される本作にどうぞご期待ください。

青い目の男は、宇宙の大いなる結びつきから抜け出さず、
ケンタウロスのような半人半獣となり、自然の大いなる
周期に縛られ、未完成でいながら成長をつづける。
われわれはひとり残らず天性の夢想家である。
       ブルーノ シュルツ「夢の共和国」より
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/01/06 15:12 by KARAS

[最終更新] 2016/01/21 13:16 by KARAS

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大