演劇

佐藤順一読演67

妖婆

岡本綺堂 作

演戯集団ばぁくう

アトリエ戯座(福岡県)

2016/01/10 (日) ~ 2016/01/10 (日) 公演終了

上演時間:

読演は、毎月10日と20日の2日間上演。  

読演とは、「演じながら読む」という意味で、登場人物を演じ分け、
本の中の情景や季節までをも、演技者の言葉を通して、
より演劇的に聞いていただけます。  

1月は・・・

   岡本綺堂 作 「 妖婆 」

+++ 妖婆...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/10 (日) ~ 2016/01/10 (日)
劇場 アトリエ戯座
出演 佐藤順一
脚本 岡本綺堂
演出 佐藤順一
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
サイト

http://www.baakuu.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月10日(日) 15時~ / 19時~
1月20日(水) 15時~ / 19時~
説明 読演は、毎月10日と20日の2日間上演。  

読演とは、「演じながら読む」という意味で、登場人物を演じ分け、
本の中の情景や季節までをも、演技者の言葉を通して、
より演劇的に聞いていただけます。  

1月は・・・

   岡本綺堂 作 「 妖婆 」

+++ 妖婆 +++ 

江戸時代のある年珍しく雪の降り続く正月の十五日宵。
若侍たちは、歌留多の会のために三々五々集まってくる。
その道すがら、雪をかぶった老婆がうずくまっているのを、見た者がある。
その異様な風体は、侍たちの興味を掻きたてるが、・・・。

大正から昭和初期、自らの作品を「読物」と称し、
読者に寄り添った作家、岡本綺堂の世界をお楽しみに。
その他注意事項
スタッフ 制作 演戯集団ばぁくう / 照明 piro / 音響 Atsuko

[情報提供] 2015/12/25 19:18 by piro

[最終更新] 2015/12/25 19:21 by piro

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大