舞踊・バレエ

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.14

福留麻里ソロダンス「そこで眠る、これを起こす、ここに起こされる」

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.14

福留麻里ソロダンス「そこで眠る、これを起こす、ここに起こされる」

実演鑑賞

世田谷美術館

世田谷美術館(東京都)

2015/12/22 (火) ~ 2015/12/23 (水) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://setagayaartmuseum.or.jp/event/past.html?n=2015

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
「トランス/エントランス」は、世田谷美術館のエントランス・ホールで展開する実験的なパフォーマンス・シリーズです。アール(曲線)を描く吹き抜けの天井、2階にいざなう大理石の大階段など、当館でもとりわけ複雑で有機的な姿をみせる空間とアーティストが対話することで、毎回冒険心あふれる作品が生まれていま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/12/22 (火) ~ 2015/12/23 (水)
劇場 世田谷美術館
出演 福留麻里
演出 福留麻里
振付 福留麻里
料金(1枚あたり) 0円 ~ 3,000円
【発売日】
予約2500円/当日3000円
(中学生以下は無料、ただし未就学児のご入場はご遠慮下さい)

定員:各日90名
公式/劇場サイト

http://setagayaartmuseum.or.jp/event/past.html?n=2015

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月22日(火)20:00
12月23日(水・祝)20:00
説明 「トランス/エントランス」は、世田谷美術館のエントランス・ホールで展開する実験的なパフォーマンス・シリーズです。アール(曲線)を描く吹き抜けの天井、2階にいざなう大理石の大階段など、当館でもとりわけ複雑で有機的な姿をみせる空間とアーティストが対話することで、毎回冒険心あふれる作品が生まれています。

今回登場するのは、繊細な動きから凛とした存在感を放つダンサー、福留麻里。世田谷美術館に足しげく通い、館内や外の公園を歩き、思考しながら新作をつくりあげます。公園の隅にある、埋蔵品が眠っていた祭礼用の大きな盛り土=「砧大塚」。あるいは館内の図書館にある、アフリカ美術の展覧会カタログ。遠くから、時間をかけてやってくるモノたちを出発点に、福留は想像力を羽ばたかせます。「眠る」「起こす」「起こされる」=眠りと覚醒という豊かな比喩のもと、空間とモノにひっそりと出会う身体のさまざまなありようが、みずみずしいダンス作品になります。

[アーティストコメント] 
ある日の公園で
子供たちは駆け回る
若者は太鼓の練習をする
大人は木陰で昼寝する
老人は座って何かを眺めている

長い長い時間

眠っている大昔の祭礼のあと、道具たち
大きな土の盛り上がり
その土が呼吸する横を歩く
この場所での焚き火は禁止されている
その他注意事項 ※未就学児童入場不可
スタッフ 美術:佐々木文美
照明:木藤歩
音響:堤田祐史(WHITELIGHT)
舞台監督:細川浩伸
宣伝美術:天野史朗
音楽協力:アルプ(木下美紗都、石塚周太)
企画・制作:塚田美紀(世田谷美術館)
制作:米原晶子
制作補佐:吉田絵美(世田谷美術館)、谷陽歩、佐藤泰紀
記録写真:松本和幸
記録映像:須藤崇規
主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)

[情報提供] 2015/12/22 23:31 by miss_you

[最終更新] 2016/01/08 11:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大