演劇

WANDERING PARTY第15回公演(精華演劇祭vol.10参加作品)

レオナール・F S改

WANDERING PARTY

精華小劇場(大阪府)

2008/06/17 (火) ~ 2008/06/22 (日) 公演終了

上演時間:

病室でニンテンドーDS世界文学全集を読んだ。クリスティアーノ・ロンベル作「悲しみの一滴」だ。赤毛の少女が、自爆テロを試みるが、爆弾が爆発せず、軍隊に取り押さえられる。最後は気の狂ったかのように命乞いをする、という話だ。暫定政府軍の赤い彗星は、量産型と比べて3倍のスピードがあると思われていたが、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

WANDERING PARTY第15回公演「レオナールF・S改」のプロモーションビデオです。

2008年6月17日〜22日@精華小劇場

公演詳細

期間 2008/06/17 (火) ~ 2008/06/22 (日)
劇場 精華小劇場
出演 高杉征司、金本健吾、中村健、河合宏友、山本麻貴、栁澤美由紀(関西芸術座)、信平エステベス
脚本 あごうさとし
演出 あごうさとし
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,800円
【発売日】2008/05/10
一般前売り2500円、一般当日2800円
学生前売り2000円、学生当日2300円
サイト

http://www.wanpa.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 病室でニンテンドーDS世界文学全集を読んだ。クリスティアーノ・ロンベル作「悲しみの一滴」だ。赤毛の少女が、自爆テロを試みるが、爆弾が爆発せず、軍隊に取り押さえられる。最後は気の狂ったかのように命乞いをする、という話だ。暫定政府軍の赤い彗星は、量産型と比べて3倍のスピードがあると思われていたが、実際は1、5倍程度だということも知った。事実に基づいて書かれたものだから、間違いないのだろう。
それにしても、隣りの病人の顔が面白い。白髪のおかっぱにロイド眼鏡。チャップリンのような口ひげと、耳にはピアス。妙な見かけのこの男、名を「レオナール・F」という。帝国芸術院会員、画家。
その他注意事項 未就学児童入場不可、アフタートークあり
スタッフ 【舞台監督】浜村修司、【舞台美術】青木勉、【照明】池辺茜(blue,blue.)、【音響】小早川保隆、【写真美術】道端正棟、【小道具】古池宏美、【宣伝美術】竹内幸生、【制作】本郷麻衣

[情報提供] 2008/04/06 23:31 by 高杉征司

[最終更新] 2008/06/21 16:58 by hongo

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

hongo

hongo(0)

制作

面白い作品に成ります!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大