歌舞伎・伝統芸能

能「吉野天人」狂言「附子」

第1回かまがや能楽公演

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

第1回かまがや能楽公演

能「吉野天人」狂言「附子」

きらりホール

鎌ケ谷市民会館きらりホール(千葉県)

2016/01/23 (土) ~ 2016/01/23 (土) 公演終了

上演時間:

【能「吉野天人」あらすじ】
毎年桜の名所を巡っている都の者(ワキ)が、今年は吉野山に桜見物に出かけます。
見事な桜を楽しみながら山深く分け入ってくと、一人の美しい女性(前シテ)に出会います。日が暮れるまで都の者と桜を愛でる女性を不審に思い尋ねると、女性は、実は天人で吉野山の桜に惹かれて遊び...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/23 (土) ~ 2016/01/23 (土)
劇場 鎌ケ谷市民会館きらりホール
出演 寺井千景、寺井栄、大蔵千太郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 5,000円
【発売日】2015/11/01
S席 前売り 4,500円(当日 5,000円)
A席 2,000円(限定54席)
サイト

https://www.kirari-kamagaya.jp/events/details/?id=200

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 開演13時30分(開場13時)
説明 【能「吉野天人」あらすじ】
毎年桜の名所を巡っている都の者(ワキ)が、今年は吉野山に桜見物に出かけます。
見事な桜を楽しみながら山深く分け入ってくと、一人の美しい女性(前シテ)に出会います。日が暮れるまで都の者と桜を愛でる女性を不審に思い尋ねると、女性は、実は天人で吉野山の桜に惹かれて遊びにきたのだと言い、夜遅くまでここに留まり信心すれば、五節の舞いをお見せしよと約束し消えます。
やがて夜になると、どこからともなく美しい音楽が聞こえ、天人(後シテ)が天より降りてきて今まで見た事のない雅な舞を舞い、やがて雲に乗って天に帰って行くのでありました。

【狂言「附子」あらすじ】
近寄る事も禁じられた主人秘蔵の猛毒…
「むこうから吹く風にあたってさえ 滅却する程の大の毒!附子!」。
主人から留守を預かる太郎冠者と次郎冠者は、怖いもの見たさの衝動に駆られ、毒風を仰ぎ返す作戦で、附子に近づきます…二人の運命は…。
狂言の要素、謡、舞、喜怒哀楽の盛り込まれた秀作です。

*附子…鳥兜の根から採れる猛毒
その他注意事項 未就学時入場不可(保育あります。先着5名様)

駐車場がございませんので、ご来館の際は公共交通機関をご利用ください。
ご購入いただいたチケットはキャンセルできません。
客席内でのご飲食、撮影、録音等の行為は禁止されています。
スタッフ

[情報提供] 2015/11/11 14:35 by 鎌ケ谷市民会館・きらりホール

[最終更新] 2015/11/11 14:36 by 鎌ケ谷市民会館・きらりホール

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大