ミュージカル

AKA Company第1回公演

tick,tick…BOOM!

0 お気に入りチラシにする

ミュージカル

AKA Company第1回公演

tick,tick…BOOM!

AKA Company

シアター風姿花伝(東京都)

2016/02/13 (土) ~ 2016/02/16 (火) 公演終了

上演時間:

『tick,tick...BOOM!(チックチックブーン)』は、『RENT』の作者、ジョナサン・ラーソンが30歳を目前に生み出した自伝的ミュージカルです。

今や世界中の人から愛され、不動の人気を誇る『RENT』が全世界に衝撃を与えることとなるそのちょうど6年前。そこには、6年後の未来など...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/02/13 (土) ~ 2016/02/16 (火)
劇場 シアター風姿花伝
出演 神田恭兵、一和洋輔、tekkan、岡田亮輔、岡村さやか、島田彩
作曲 ジョナサン・ラーソン
脚本 ジョナサン・ラーソン
演出 片島亜希子
料金(1枚あたり) 5,800円 ~ 6,000円
【発売日】2015/11/29
前売り5,800円 当日6,000円
サイト

http://katashima-office.com/akatick

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 13日(土)13:00【teamL】/18:00【teamJ】
14日(日)13:00【teamJ】/18:00【teamL】
15日(月)14:00【teamJ】/19:00【teamL】
16日(火)13:00【teamL】/16:30【teamJ】

※本公演は【teamJ】と【teamL】のダブルキャストでの上演です
【teamJ】ジョン:神田恭兵 スーザン:岡村さやか マイケル:tekkan
【teamL】ジョン:一和洋輔 スーザン:島田彩 マイケル:岡田亮輔
説明 『tick,tick...BOOM!(チックチックブーン)』は、『RENT』の作者、ジョナサン・ラーソンが30歳を目前に生み出した自伝的ミュージカルです。

今や世界中の人から愛され、不動の人気を誇る『RENT』が全世界に衝撃を与えることとなるそのちょうど6年前。そこには、6年後の未来など知る由もなく「夢」と「現実」の狭間で懸命にもがく若きジョナサン・ラーソンがいました。

若きジョナサン自身が実際に感じていたほとばしる夢への情熱、そして夢への不安や葛藤が封じ込められた本作品。
夢と現実の狭間で揺れ動く人々の感情を繊細に描き出したストーリーは、観る人の胸を思わず熱くする不思議な力があります。

もちろん音楽は、ジョナサンの代名詞ともいえるロック!
全編にわたり、ジョナサン・ラーソンならではの繊細かつダイナミックな楽曲で物語が紡がれていきます。

AKA Companyならではの演出、翻訳でお送りする新たな『tick,tick...BOOM!』。
本編は、【teamJ】と【teamL】のダブルキャストでお届けいたします!どうぞご期待ください!

【あらすじ】
舞台は1990年のニューヨーク。
作曲家志望のジョンは、30歳の誕生日を目前にしながらも、一向に自身が作曲家としてブレイクする兆しがない現実に焦りと不安を感じながら憂鬱な日々を送っている。曲づくりへの燃えるような情熱はあるものの、いつまでたってもアルバイトで稼ぎながら貧乏作曲家として生活する毎日。
そんななか、ジョンの親友であるマイケルは、俳優になるという夢を諦め就職を選び、新たな道で大成功をする。 一緒に夢を追っていた頃には考えられないような贅沢で安定した暮らしを手に入れ幸せそうなマイケルを見て、ジョンの心は揺れる。
また、ダンサー志望であるジョンの恋人スーザンも、もう夢を追いかけるのはやめてふたりで田舎に引っ越して結婚しようと言い始める。彼女を深く愛してはいても、彼女が思い描く幸せにはいまいち気乗りがしないジョン。

あと1週間で30歳。ジョンの頭のなかにはいつしか30歳に向けてカウントダウンをする時計の針の音が鳴り響くようになっていた。
チックチックチック…。30歳、自分は一体どうすればいいのだろうか……。
色々な想いを抱えながら、ジョンは今夜もひとりキーボードに向かい、見果てぬ夢にむかって歌い出す……
その他注意事項 本公演は【teamJ】と【teamL】のダブルキャストでの上演です
【teamJ】ジョン:神田恭兵 スーザン:岡村さやか マイケル:tekkan
【teamL】ジョン:一和洋輔 スーザン:島田彩 マイケル:岡田亮輔
スタッフ <ミュージシャン>
キーボード:宮崎誠
ドラム:荒牧翔太

<スタッフ>
作詞・作曲・脚本:ジョナサン・ラーソン

翻訳・訳詞・演出:片島亜希子

音楽監督・編曲:宮崎誠

舞台監督:海老原翠
舞台美術:谷佳那香
照明デザイン:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)
照明操作:白井里奈
音響:岡田 悠
制作:吉水恭子(芝居屋風雷紡)
演出助手:栗原仁子

制作協力:芝居屋風雷紡

版権元:Music Theatre Internatinal

企画・製作:カタシマオフィス

[情報提供] 2015/11/07 22:12 by 吉水恭子(芝居屋風雷紡)

[最終更新] 2016/02/21 13:48 by 片島亜希子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

松本 永

松本 永(2)

照明 その他(空間デザイン)

照明デザインやらせて頂きました。

吉水恭子(芝居屋風雷紡)

吉水恭子(芝居屋風雷紡)(2)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 制作 当日運営

制作で関わらせて頂きます。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大