演劇

フェスティバル/トーキョー15

ブルーシート

フェスティバル/トーキョー実行委員会

福島県立いわき総合高等学校 校庭(福島県)

他劇場あり:

2015/11/07 (土) ~ 2015/11/08 (日) 公演終了

上演時間:

飴屋法水といわきの高校生が残した「希望」の物語を、「いま」に――
 舞台は仮設校舎の傍らのグラウンド。その背後には地震で崩落し、一時はブルーシートに覆われていたという崖が迫る。2013年、飴屋法水といわき総合高校の生徒10人が上演した『ブルーシート』。東日本大震災と原発事故後の風景、そこで生...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/11/07 (土) ~ 2015/11/08 (日)
劇場 福島県立いわき総合高等学校 校庭
出演
脚本 飴屋法水
演出 飴屋法水
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,500円
【発売日】2015/09/27
一般3,000円/学生1,500円/当日3,500円
※9月27日発売
※全席自由席(整理番号付)
※雨天決行、荒天中止。前日の19時に当ウェブサイトにて上演の可否を発表いたします。
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/15/program/blue-sheet/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月7日(土) 14:30開演の回
11月8日(日) 14:30開演の回
http://precog-jp.net/ja/events/norimizu_ameya_blue_tarp/
説明 飴屋法水といわきの高校生が残した「希望」の物語を、「いま」に――
 舞台は仮設校舎の傍らのグラウンド。その背後には地震で崩落し、一時はブルーシートに覆われていたという崖が迫る。2013年、飴屋法水といわき総合高校の生徒10人が上演した『ブルーシート』。東日本大震災と原発事故後の風景、そこで生活する高校生たちのたわいのないやりとりを、不在の「11人目」を軸に描き、生と死、希望のありかを問うた本作は、わずか2日間の公演にもかかわらず、飴屋の岸田戯曲賞受賞をはじめ大きな反響を呼んだ。
 それから2年。待望の再演となる今公演には、初演を経験した元高校生も参加、新たな出演者と共に「いま、生きていること」に向き合う。いわき総合高校での公演に続く東京公演の会場は、豊島区内にある元中学校のグラウンド。流れていく月日、いわきと東京との場所の隔たりをも引き受け、いま、ここでしかない2015年の『ブルーシート』が生まれようとしている。
その他注意事項 ※雨天決行・荒天中止
※天候に関わらず、各公演の前日19時に上演の可否をF/T公式ホームページにて発表いたします。
ただし、それ以降に主催者の判断により変更になる場合がございます。
※会場に駐車場、駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください。
スタッフ 演出助手 西島亜紀
美術・音響 飴屋法水
技術監督 寅川英司
舞台監督 鈴木康郎
音響コーディネート 相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
制作 奥野将徳、中村 茜(precog)、
松宮俊文、小島寛大、市村作知雄(フェスティバル/トーキョー)
主催 フェスティバル/トーキョー
協力 福島県立いわき総合高等学校

[情報提供] 2015/10/29 10:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/10 01:19 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大