演劇

武人会プロデュース

羅刹の色

0 お気に入りチラシにする

演劇

武人会プロデュース

羅刹の色

武人会

明石スタジオ(東京都)

2016/02/10 (水) ~ 2016/02/14 (日) 公演終了

上演時間:

【物語】
いまはもう誰も近寄ることの無いこの森の奥深く。
一人の男があなたに出会った。
男は話し始める。

では、お話ししましょうか。鬼のお話しを。
そうですね…
一人の男に興味を持ってしまった、馬鹿な鬼のお話しでも……

昔、一人の姫がおりました。それは鬼でもありました。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/02/10 (水) ~ 2016/02/14 (日)
劇場 明石スタジオ
出演 佐藤正行、宮本京佳、小林由尚、佐野実紀、戸川真、清水修平、五十嵐優羽、上口あやか、(以上武人会)、藤井としもり、山田直樹、山本常文、村上芳、稲垣征宏、太田旭紀、吉田蒼、末吉慶子、板倉光隆
脚本 宮本京佳
演出 宮本京佳、佐藤正行
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2016/01/09
全席自由 日時指定 整理番号付き
前売り3500円・当日3800円
サイト

http://infobujinkai.wix.com/bujinkai-stage

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2016年2月10日(水)~14(日)
全9ステージ(一部ダブルキャスト)

2月
10(水)       19:00~黒
11(木祝)13:00~白/18:00~黒
12(金) 14:00~黒/19:00~白
13(土) 13:00~白/18:00~黒
14(日) 12:00~黒/16:00~白

黒:黒キャスト/白:白キャスト
説明 【物語】
いまはもう誰も近寄ることの無いこの森の奥深く。
一人の男があなたに出会った。
男は話し始める。

では、お話ししましょうか。鬼のお話しを。
そうですね…
一人の男に興味を持ってしまった、馬鹿な鬼のお話しでも……

昔、一人の姫がおりました。それは鬼でもありました。

鬼。それは、人を喰らふことで命をつなぐイキモノでした。鬼の血には幾多もの人の魂が凝縮されておりましたもので、
人の世では、鬼の血を飲めば、命が回復する、あらゆる怪我も病も治ると言われておりました。
不死を求め、鬼を殺そうと考える人間もおりましたが、ことごとく返り討ちにあうので、いつしかそんな人間も少なくなりました。

姫は毎日が面白くありませんでした。生きることに価値を見出せませんでした。そんな彼女の望みは新しい世界を見ることでした。
鬼が成人を迎える日、いつも潜んでいる森から一歩抜け出して、人間の世界を観に行くことが許されておりました。
ある日姫は一歩森の外へ踏み出してみました。

その中で姫は、一人の男に出会いました。男は妻を亡くしていました。鬼の姫の姿は亡き妻に瓜二つでした。
姫はその男に興味を持ちました。

『鬼と人との違いはなんだ?』

そして、馬鹿なことを言い出すのでした。

『それならわしは人間になろう』

そこで誰かを待ち続ける男の、昔語り。

『お前の景色に、まだ、色は、ないか?』
その他注意事項
スタッフ 作・演出:宮本京佳/総合演出:佐藤正行/殺陣:武人会
振付:佐野実紀/舞台美術:小林由尚/美術協力:野村直子
照明:千田実(CHIDA OFFICE)/音響:大貫誉/楽曲提供:Mariya
衣装:佐々波雅子/舞台監督:川畑信介(obbligato)

写真:AKIRA/宣伝イラスト:Fadzir Abdullah/宣伝美術:高橋知也
制作:橋本美香

[情報提供] 2015/10/29 16:55 by today?

[最終更新] 2016/02/18 23:41 by today?

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大