演劇

演劇創作館「椿楼」第3回公演

レーツェルレーゼン

演劇創作館 椿楼

エンジョイスペース大名 (福岡県)

2008/12/20 (土) ~ 2008/12/21 (日) 公演終了

上演時間:

1899年、スイス。
「エーテル」と呼ばれる物質が空気中に存在すると信じられ、
物理学において「光の研究」が最も流行していた頃。
卒業論文で無謀にも光についての新説を発表しようと
悪戦苦闘する青年の元に、絶望的な報せが飛び込んでくる。

「光の性質は、ほぼ完全に明らかになった」
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/20 (土) ~ 2008/12/21 (日)
劇場 エンジョイスペース大名
出演 濱野拓也、ますい菜穂(フリー)、鶴田昇吾、小副川忠親、徳田美緒子、和田冬美、中山彩織、下田和弘(劇団「天地」)
脚本 高橋克昌
演出 高橋克昌
料金(1枚あたり) 400円 ~ 800円
【発売日】2008/11/01
大学生以下 \500 ペアチケット(2枚綴)\800
   一般   \800 ペアチケット      \1200
サイト

http://blogs.yahoo.co.jp/syokan1985/57334157.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1899年、スイス。
「エーテル」と呼ばれる物質が空気中に存在すると信じられ、
物理学において「光の研究」が最も流行していた頃。
卒業論文で無謀にも光についての新説を発表しようと
悪戦苦闘する青年の元に、絶望的な報せが飛び込んでくる。

「光の性質は、ほぼ完全に明らかになった」

目標を見失いそうになりながらも
自らの夢を諦め切れない青年は、
物理学サークルの仲間と共に議論を交わし、
新説の糸口を探っていく。
それこそが後に「奇跡の一日」と呼ばれる
「謎解き」――《レーツェルレーゼン》の始まりだった……


弛まぬ知性の渇望は、弛まぬ人生の歩みに等しい。
椿楼1年半振りのナンバリング公演は
情熱と知性のディスカッション・プレイ。


※本作は史実を元にしたフィクションです。
 人物像、歴史的発見については
 史実と異なる部分がございます。
その他注意事項 会場は通りに面しているため、
場内がやや寒くなる可能性がございます。
どうぞ暖かい服装でお越し下さい。
スタッフ

[情報提供] 2008/03/23 22:05 by 高橋 克昌

[最終更新] 2009/02/10 10:23 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大