演劇

2015ハーフタイムシアター

「水平線の歩き方」「君をおくる」

演劇集団キャラメルボックス

サンケイホールブリーゼ(大阪府)

他劇場あり:

2015/10/16 (金) ~ 2015/10/18 (日) 公演終了

上演時間:

『水平線の歩き方』は、母と息子の絶対的な愛情の中で、家族の絆と郷愁を感じさせる名作です。その主人公「岡崎幸一」が住んでいるアパートの別の部屋で起こるもうひとつの事件が、新作『君をおくる』。大阪の劇団「空晴(からっぱれ)」の岡部尚子さんに書き下ろしていただきます。
キャラメルボックス独自の上...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/16 (金) ~ 2015/10/18 (日)
劇場 サンケイホールブリーゼ
出演 岡田達也、岡田さつき
脚本 成井豊
演出 成井豊
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 10,000円
【発売日】2015/08/02
1作品券 5,000円 2作品券 10,000円 
その他各種チケットユースチケット(24歳以下)3,000円、OVER60割引(60歳以上)3,000円
サイト

http://www.caramelbox.com/stage/halftime2015/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月16日(日)19:00/20:30
10月17日(土)13:00/14:30
10月18日(日)13:00/14:30
説明 『水平線の歩き方』は、母と息子の絶対的な愛情の中で、家族の絆と郷愁を感じさせる名作です。その主人公「岡崎幸一」が住んでいるアパートの別の部屋で起こるもうひとつの事件が、新作『君をおくる』。大阪の劇団「空晴(からっぱれ)」の岡部尚子さんに書き下ろしていただきます。
キャラメルボックス独自の上演スタイル、上演時間60分の短編演劇「ハーフタイムシアター」の2本立て!60分に凝縮されたストーリーを、気軽にお楽しみください。
■『水平線の歩き方』STORY
幸一は35歳。社会人ラグビーの選手。ある夜、自分のアパートに帰ると、部屋の中に女がいた。どこかで見た顔。彼女はアサミと名乗った。それは、幸一が小学6年の時に病気で亡くなった、母だった。親子二人で過ごした日々が、幸一の脳裏に鮮やかに蘇る。あの頃、母は大人に見えた。が、今、目の前にいる母は、明らかに自分より年下だった……。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/09/29 11:26 by きっちん

[最終更新] 2016/01/04 23:37 by きっちん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大