歌舞伎・伝統芸能

穂の国とよはし芸術劇場PLAT【指定管理者:(公財)豊橋文化振興財団】

穂の国とよはし芸術劇場PLAT・主ホール(愛知県)

2015/10/23 (金) ~ 2015/10/23 (金) 公演終了

上演時間:

人間国宝・野村万作と、現代劇や映画でも活躍する野村萬斎が率いる「万作の会」による
狂言公演です。2013年のプラット開館記念式典ぶりに登場します。

狂言「佐渡狐」(さどぎつね) 野村万作
<あらすじ>
 年貢を納めに都へ上る途中で道連れになった佐渡と越後のお百姓。佐渡に狐のいるいな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/23 (金) ~ 2015/10/23 (金)
劇場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT・主ホール
出演 野村万作、野村萬斎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2015/07/25
<全席指定>
S席:5,000円
A席:4,000円
B席:2,000円
U24(B席):1,000円
高校生以下(B席):1,000円
サイト

http://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=177

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月23日 (金)19:00
説明 人間国宝・野村万作と、現代劇や映画でも活躍する野村萬斎が率いる「万作の会」による
狂言公演です。2013年のプラット開館記念式典ぶりに登場します。

狂言「佐渡狐」(さどぎつね) 野村万作
<あらすじ>
 年貢を納めに都へ上る途中で道連れになった佐渡と越後のお百姓。佐渡に狐のいるいないを巡り賭けをすることになったが、実は佐渡に狐はおらず、狐を知らない佐渡のお百姓は、奏者(取次の役人)にワイロを使い味方についてもらう。しかし奏者の「佐渡に狐はいる」という判定に納得のいかない越後のお百姓に、狐の形格好を問いただされ…。
 越後のお百姓の追及に必死で答える、佐渡のお百姓と奏者の連携プレーが見どころです。世相を風刺しつつ、中世の人々のたくましく生きる姿が笑いの中に描かれた狂言です。

狂言「六地蔵」(ろくじぞう) 野村萬斎 
<あらすじ>
 ある田舎者が地蔵堂に六体の地蔵を安置しようと都に仏師を探しにいく。するとすっぱ(詐欺師)が声をかけてきて、自分こそが真の仏師であると偽り、翌日までに六地蔵をつくる約束をして田舎者と別れる。すっぱは仲間を呼び出し、地蔵に化けて田舎者をだますことにする。さて翌日、田舎者が地蔵を受け取りにやって来ると、地蔵は三体しか見あたらない。もう三体はどこにと問うと…。  演者が所狭しと舞台を駆け回る賑やかな作品です。すっぱは田舎者をだまし通せるのでしょうか。本舞台と橋掛りを上手く使った、狂言ならではの表現もお楽しみ下さい。
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮いただきます。
スタッフ 狂言「佐渡狐」
奏者 野村万作
越後の百姓 中村修一
佐渡の百姓 高野和憲
後見 飯田豪

狂言「六地蔵」
すっぱ 野村萬斎
田舎者 石田幸雄
すっぱ仲間 内藤連、深田博治、月崎晴夫
後見 中村修一

[情報提供] 2015/09/18 16:27 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/09/18 16:29 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大