演劇

双身機関東京公演

しあわせな日々

デザイン:早野篤子

0 お気に入りチラシにする

演劇

双身機関東京公演

しあわせな日々

双身機関

こまばアゴラ劇場(東京都)

2016/02/05 (金) ~ 2016/02/07 (日) 公演終了

上演時間:

私たちはいま、どこに居るのか
あなたは

抜けるような青空の下、なぜか腰まで地中に埋まった女性が1人。
彼女…ウィニーは目覚ましの音で目を覚まし、歯を磨いてお祈りを唱えて…と、こんな状況下で「日常的な動作」を繰り広げていく。
丘の向こうには彼女の夫、ウィリー。時おり後頭部を見せるこの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/02/05 (金) ~ 2016/02/07 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 獅子見琵琶、ポチ
脚本 サミュエル・ベケット
演出 寂光根隅的父
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,300円
【発売日】2015/11/06
一般前売 3,000円  当日 3,300円
学生前売 1,500円  当日 1,800円
サイト

http://soushinkikan.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月5日(金)19:30
2月6日(土)15:00
2月7日(日)15:00
説明 私たちはいま、どこに居るのか
あなたは

抜けるような青空の下、なぜか腰まで地中に埋まった女性が1人。
彼女…ウィニーは目覚ましの音で目を覚まし、歯を磨いてお祈りを唱えて…と、こんな状況下で「日常的な動作」を繰り広げていく。
丘の向こうには彼女の夫、ウィリー。時おり後頭部を見せるこの男はほとんど声を発せず、また振り返る事もなくただ淡々と新聞を読んだりする。
ウィニーはただひたすらしゃべりつづける。己の狂気から逃れるために…。

利賀演劇人コンクール2012において寂光根隅的父が優秀演出家賞・観客賞をダブル受賞、2013年には鳥の演劇祭6(鳥取)にも招聘された話題作が東京に初めてお目見え!主役のウィニーを演じるのは創立以来、寂光とともに双身機関の身体表現を創り上げてきた獅子見琵琶です。どうぞご期待下さい!!
その他注意事項
スタッフ 美術 野地恵梨子
照明 横尾友美(電光石火一発座)
音響 尾関崇之(EARTH SOUND FACTORY)
舞台監督 柴田頼克(電光石火一発座/かすがい創造庫)
宣伝美術 早野篤子

[情報提供] 2015/09/16 14:30 by ジャコウ

[最終更新] 2016/06/23 18:12 by ポチ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ポチ

ポチ(0)

出演します!このご機会をどうか見逃さず・・・ 劇場で...

獅子見琵琶

獅子見琵琶(1)

役者・俳優 演奏

出演します!しあわせな日々をあなたに…あなたと… お...

ジャコウ

ジャコウ(3)

演出

2012年以来、毎年この作品を演出しています。 満を...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大