演劇

劇団ほどよし 第12回公演

詠人不知のマリア(再)

劇団ほどよし

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2015/10/02 (金) ~ 2015/10/04 (日) 公演終了

上演時間:

昭和二十三年。
あの戦後まもなく、身寄りをなくした「さき」と「ちずる」の姉妹は、
親類が残した家を頼って静岡から大阪にやってくる。
同じように家族をなくした少女達が住み着いたその家は、やがて彼女らの糊口を凌ぐための娼館となる。
得体の知れない男達が出入りする家で、やがて凄惨な悲...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/02 (金) ~ 2015/10/04 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 村上琴美、宇城圭祐、河本宏樹、今井夕華、清田亜澄、矢本真有香、竹雅、辻川京、植木歩生子(劇団「劇団」)、奥本糸生里、和田明日香(イズム)、西口まみ(イズム)、本城咲月(イズム)、河口仁(シアターシンクタンク万化)、上杉逸平(イズム)
脚本 細川博司(バンタムクラスステージ)
演出 細川博司(バンタムクラスステージ)
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】
前売りチケット:2800円
当 日チケット:3000円
(全席自由)
サイト

http://hodoyoshii.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月2日(金)19:00
10月3日(土)15:00/19:00
10月4日(日)13:00/17:00
説明 昭和二十三年。
あの戦後まもなく、身寄りをなくした「さき」と「ちずる」の姉妹は、
親類が残した家を頼って静岡から大阪にやってくる。
同じように家族をなくした少女達が住み着いたその家は、やがて彼女らの糊口を凌ぐための娼館となる。
得体の知れない男達が出入りする家で、やがて凄惨な悲劇が起こる。
故郷に戻って、もう一度、富士の山を見上げたい。
姉妹のはかない願いは成就するのか。

「空だと思っていたものはすべて富士であった。わたしはしんからぞっとした。」
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/09/15 02:00 by ありさ

[最終更新] 2015/10/12 00:35 by ありさ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大