舞踊・バレエ

「イーゴリと私たち」「これが死か」「祈りとダンス」-"ルミ"、ダンス組曲 ほか

舞踊・バレエ

「ボレロ」ほか

「イーゴリと私たち」「これが死か」「祈りとダンス」-"ルミ"、ダンス組曲 ほか

モーリス・ベジャール・バレエ団

東京文化会館 大ホール(東京都)

他劇場あり:

2008/06/10 (火) ~ 2008/06/11 (水) 公演終了

上演時間:

20世紀バレエ団創設以来、つねに舞踊シーンに衝撃を与えてきたベジャールの創作群のなかでも、もっとも大きなセンセーションを巻き起こし、その象徴的存在となったのが、ラヴェルの名曲に振付けられた「ボレロ」です。
巨大な赤い円卓上で踊る孤高の“メロディー”と、そのカリスマ性に導かれて群がる“リズム”...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/10 (火) ~ 2008/06/11 (水)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演
演出
振付 モーリス・ベジャール
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 17,000円
【発売日】2008/03/15
S=\17,000 A=\15,000 B=\13,000 C=\10,000
D=\8,000 E=\6,000
エコノミー券=\4,000(イープラスのみで5/9より受付。一人2枚まで)
学生券=\3,000(NBSのみで5/9より受付)
※学生券は22歳までの学生を対象。公演当日に学生証要。
※未就学児童入場不可。
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/0806_bbl/schedule.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 20世紀バレエ団創設以来、つねに舞踊シーンに衝撃を与えてきたベジャールの創作群のなかでも、もっとも大きなセンセーションを巻き起こし、その象徴的存在となったのが、ラヴェルの名曲に振付けられた「ボレロ」です。
巨大な赤い円卓上で踊る孤高の“メロディー”と、そのカリスマ性に導かれて群がる“リズム”たち。ラヴェルの精巧な音楽を鮮やかに展開しながら、やがて爆発的な絶頂を迎えるダンスは、舞踊が古来もつ神秘的な力を再現する儀式とも呼ばれてきました。日本ではジョルジュ・ドンやシルヴィ・ギエムなどのスターたちが、東京バレエ団との共演で数々の名演を残してきましたが、本家ベジャール・バレエ団による上演は、1982年の日本公演以来、じつに26年ぶりとなります。
また「イーゴリと私たち」は、ベジャールが敬愛する作曲家ストラヴィンスキーをテーマに、リハーサル中のストラヴィンスキーの声をその音楽に織り込んで使った新作。創作途中でベジャールが倒れたため、現・芸術監督ジル・ロマンがその意思を継いで振付に手を加えず完成させた、遺作といえる作品です。そして、死を目前にした男の人生と愛を描く壮年期の傑作「これが死か」と、中東の音楽にのせて躍動的につづる「祈りとダンス」。ベジャールの死を悼み、その業績を讃えるにふさわしい四作品の上演が決定しました!
その他注意事項 ※音楽は特別録音によるテープを使用。
※出演者の発表は公演当日。
スタッフ

[情報提供] 2008/03/13 00:02 by 華崎

[最終更新] 2008/06/21 23:40 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大