Théâtre des Annales

せんだい演劇工房10-BOX(宮城県)

他劇場あり:

2015/10/30 (金) ~ 2015/11/01 (日) 公演終了

上演時間:

『従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインがブルシーロフ攻勢の夜に弾丸の雨降り注ぐ哨戒塔の上で辿り着いた最後の一行“──およそ語り得るものについては明晰に語られ得る/しかし語り得ぬことについて人は沈黙せねばならない”という言葉により何を殺し何を生きようと祈ったのか? という語り得ず...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/30 (金) ~ 2015/11/01 (日)
劇場 せんだい演劇工房10-BOX
出演 古河耕史、榊原毅、大原研二、小沢道成、本折智史
脚本 谷賢一
演出 谷賢一
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,200円
【発売日】2015/09/05
<全席自由>
一般 3,200円
学生 2,000円※全席指定・当日要年齢確認・枚数限定
サイト

http://www.theatredesannales.info/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10/30(金)19:30
10/31(土)14:00・18:00
11/01(日)14:00
説明 『従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインがブルシーロフ攻勢の夜に弾丸の雨降り注ぐ哨戒塔の上で辿り着いた最後の一行“──およそ語り得るものについては明晰に語られ得る/しかし語り得ぬことについて人は沈黙せねばならない”という言葉により何を殺し何を生きようと祈ったのか? という語り得ずただ示されるのみの事実にまつわる物語』


弾丸飛び交う第一次世界大戦・ヨーロッパ東部戦線。泥まみれの塹壕の中、男は考え続けていた。
──我々は、何のために生きているのか? 私にとって、幸福とは何か?
「言葉」とは何か? 我々は何について語り得るのか?
論理的に「言葉」を分析することで「生の意味」を見出そうとした男、
その名をルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン。
後に二十世紀最大の哲学者と呼ばれる男。
その他注意事項 ※整理番号付自由席
※受付は開演の60分前、開場は開演の30分前です。
スタッフ 美術:土岐研一 照明:松本大介
舞台監督:竹井祐樹 ドラマトゥルク:野村政之 

宣伝美術:山下浩介 宣伝写真:引地信彦
宣伝衣裳:及川千春 WEBデザイン:吉田典男

票券:田村浩子 制作助手:福本悠美
制作:小野塚 央 プロデュース:伊藤達哉

企画:テアトル・ド・アナール
主催:ゴーチ・ブラザーズ

助成:芸術文化振興基金

[情報提供] 2015/07/28 00:49 by 田村浩子

[最終更新] 2016/03/15 10:36 by 田村浩子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

きゅうり

きゅうり(0)

制作

よろしくお願いします!

朝寝坊 夢乃輔

朝寝坊 夢乃輔(0)

照明

あかりです。

きたざわ

きたざわ(1)

制作

よろしくお願いいたします!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大