玉川上水心中

0 お気に入りチラシにする

めがね堂

RAFT(東京都)

2015/11/25 (水) ~ 2015/11/29 (日) 公演終了

上演時間:

昭和23年6月13日の深夜、
『斜陽』の成功で文壇の寵児となっていた小説家が
愛人とともに東京都三鷹市の玉川上水に身を投げた。

当時の玉川上水は豊富な水量といびつな地形から“人喰い川”と呼ばれ、
腰紐でつながった2人の遺体が発見されたのは6日後のことであった。
小説家の名は太宰...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/11/25 (水) ~ 2015/11/29 (日)
劇場 RAFT
出演 入江冴来、加藤大輔、佐藤匡(劇団花鳥風月/朗読楽団おとぎ日和)、杉原幸子、高山五月(真空劇団)、松本拓真(猿芝居)、森下由美子
脚本 武重守彦
演出 武重守彦
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,300円
【発売日】2015/10/14
※予約・当日とも
※日時指定、全席自由
※当日券はご予約が席数に達しなかった場合のみ販売します(席数が少ないこともあり、ご予約をお勧します)。
サイト

http://meganedo.main.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月25日(水) 19:30
11月26日(木) 19:30
11月27日(金) 19:30
11月28日(土) 14:00/19:30
11月29日(日) 14:00
※開場は開演の30分前
説明 昭和23年6月13日の深夜、
『斜陽』の成功で文壇の寵児となっていた小説家が
愛人とともに東京都三鷹市の玉川上水に身を投げた。

当時の玉川上水は豊富な水量といびつな地形から“人喰い川”と呼ばれ、
腰紐でつながった2人の遺体が発見されたのは6日後のことであった。
小説家の名は太宰治。本名、津島修治。享年38。

新聞各紙が連日にわたって捜索の動向を大々的に報じる中、
主を失った津島家はひたすら沈黙を守っていたという。

『玉川上水心中』は、未完の遺作に「グッド・バイ」と名付けた男と、
その妻の6日間を妄想する物語。

-太宰治、お前は誰だ?

その他注意事項 ※未就学児童の入場はご遠慮ください。
※会場の構造上、車いすでのご入場は難しい場合がございます。可能な限りのサポートをさせていただきますので、ご予約時にご相談ください。
スタッフ 【演出助手】古田希美恵
【宣伝美術】竹中諒
【協力】劇団花鳥風月、猿芝居、真空劇団、朗読楽団おとぎ日和
【企画・製作】めがね堂

[情報提供] 2015/09/02 03:42 by めがね堂

[最終更新] 2015/12/03 14:24 by めがね堂

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

masashi

masashi(0)

役者・俳優 声優

めがね堂さん初参加です!よろしくお願いいたします!

カトウダイスケ

カトウダイスケ(0)

めがね堂さんの作家シリーズにまたまた参戦です!

5×5

5×5(0)

また出ます。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大