世田谷パブリックシアター

世田谷パブリックシアター(東京都)

2015/10/09 (金) ~ 2015/10/12 (月) 公演終了

上演時間:

※英語上演(日本語字幕付)

世田谷パブリックシアターでは、「映像の魔術師」の名をほしいままに世界中で活躍しているカナダ・ケベック出身の演出家ロベール・ルパージュの作品群のうち、特に一人芝居シリーズを中心に招聘してまいりました。2001年に『月の向こう側』の英語版上演、2006年に『アンデ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/09 (金) ~ 2015/10/12 (月)
劇場 世田谷パブリックシアター
出演
脚本 ロベール・ルパージュ
演出 ロベール・ルパージュ
料金(1枚あたり) 3,750円 ~ 7,500円
【発売日】2015/07/12
<全席指定>
一般 S席7,500円(1階席・2階席)
SA席7,000円(1階席前方5列、字幕見切れ席)
SB席7,000円(2階サイド席)
A席5,500円(3階席)
高校生以下 一般料金の半額
U24 一般料金の半額
友の会会員割引 S席7,000円
せたがやアーツカード会員割引 S席7,200円(1階・2階)
サイト

http://setagaya-pt.jp/performances/20150714-2661.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10/9(金)19:00
10/10(土) 13:00 / 18:00
10/11(日)13:00
10/12(月)13:00
説明 ※英語上演(日本語字幕付)

世田谷パブリックシアターでは、「映像の魔術師」の名をほしいままに世界中で活躍しているカナダ・ケベック出身の演出家ロベール・ルパージュの作品群のうち、特に一人芝居シリーズを中心に招聘してまいりました。2001年に『月の向こう側』の英語版上演、2006年に『アンデルセン・プロジェクト』の英語版の来日にあわせて日本語版の連続上演を行い、多くの注目を集めました。

ルパージュの代表作『Needles and Opium』は、1991年の初演以降、いまだに世界中から招聘の希望が多く、この度、ルパージュがさらなる進化を求めて、新たな息吹を吹き込んだ完全リニューアル版を完成させました。最新映像テクノロジーを駆使して、装いも新たな作品として2013年以降、世界ツアーを行っており、いよいよ2015年10月、世田谷パブリックシアターに登場いたします。
その他注意事項
スタッフ [美術デザイン] Carl Fillion
[プロップデザイン] Claudia Gendreau
[照明デザイン] Bruno Matte
[音響デザイン] Jean-Sébastien Côté
[映像デザイン] Lionel Arnould
[衣裳デザイン] François St-Aubin
「英語翻訳」  Jenny Montgomery
[字幕翻訳] 小川絵梨子
[技術監督] 熊谷明人
[プロダクション・マネージャー] 福田純平
[プロデューサー] 穂坂知恵子
[宣伝美術] 近藤一弥

[出演] Marc Labrèche and Wellesley Robertson III

[情報提供] 2015/08/26 16:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/20 21:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大