オペラ

創作オペラ ザ・ラストクィーン〜朝鮮王朝最後の皇太子妃〜

0 お気に入りチラシにする

オペラ

CALAF

新国立劇場 中劇場(東京都)

2015/09/27 (日) ~ 2015/09/27 (日) 公演終了

上演時間:

日韓国交正常化50周年記念 特別企画
創作オペラ ザ・ラストクィーン
Opera The Last Queen

この作品は日本の皇族でありながら朝鮮王朝最後の皇太子妃となった李方子(りまさこ/イ・バンジャ=1901年~1989年)をモデルとしたモノオペラである。李方子を演じるのは、歌...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/27 (日) ~ 2015/09/27 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 田月仙(チョン・ウォルソン)
作曲 SonDonghoon、RyuGetsu
演出 金守珍
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 10,000円
【発売日】
RS席10000円 
S席 8000円 
A席 6000円
サイト

http://lastqueen.net/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/27(日)14:00 / 17:00
説明 日韓国交正常化50周年記念 特別企画
創作オペラ ザ・ラストクィーン
Opera The Last Queen

この作品は日本の皇族でありながら朝鮮王朝最後の皇太子妃となった李方子(りまさこ/イ・バンジャ=1901年~1989年)をモデルとしたモノオペラである。李方子を演じるのは、歌を通して日韓を繋いできたプリマドンナ・田月仙(チョン・ウォルソン)。自らがその実像に迫るため日韓で取材を続け台本を練り上げた。舞台では、当時方子妃殿下が婚礼の儀でも着用された朝鮮王朝宮廷の大礼服が使用される。音楽は西洋音楽に日韓のリズムを取り入れたオリジナル新作であり、新たな表現方法と「魂の歌声」に大きな期待が寄せられている。
その他注意事項
スタッフ 打楽器 高橋明邦
バレエダンサー 相沢康平

vocalアンサンブル
田中由佳
星野律子
石山陽太郎
相原 嵩

舞台監督 ユニオン・ステージ・カンパニー
照明 小林英典
音楽監督 田月仙
ヘアメイク きとうせいこ
写真撮影 菊地健志
デザイン 指宿玲子
プロデューサー 木村鷹秀

[情報提供] 2015/08/21 15:41 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/11/06 16:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大