公益社団法人 国際演劇協会 日本センター

水戸芸術館ACM劇場(茨城県)

他劇場あり:

2015/07/18 (土) ~ 2015/07/18 (土) 公演終了

上演時間:

唯一の原子爆弾での被爆国である日本。日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨大な資料の中から、テーマを「母と子」に絞り朗読劇としてまとめたのが本作品です。

1985年の初演以来、全国47都道府県、396市町村で786回の公演を行ってきま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/07/18 (土) ~ 2015/07/18 (土)
劇場 水戸芸術館ACM劇場
出演 旺なつき、かとうかず子、島田歌穂、高橋紀恵、根岸季衣、原日出子
脚本
演出 木村光一
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2015/08/_1945_3.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月18日(土) 15:00
説明 唯一の原子爆弾での被爆国である日本。日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨大な資料の中から、テーマを「母と子」に絞り朗読劇としてまとめたのが本作品です。

1985年の初演以来、全国47都道府県、396市町村で786回の公演を行ってきました。
戦争体験のない6名の女優が、細かい演出・指導のもと、戦争の疑似体験をし、大切なものは何なのかを身体で受け止め表現することにより、新しい作品として蘇りました。
「生きよう、生き抜こう!」と最後まで明日を夢みていた死んだ子どもたちの、明るく前向きな言葉。暑い夏の一日、その言葉に耳を傾けてみてください。
======
イヤホンガイド実施のご案内
公演全日程でイヤホンガイド(英語同時通訳)を実施いたします。開場中の劇場ロビーにて、イヤホンの貸し出しをいたします。(先着順、台数に限りがあります)
※チケットをお持ちの方は、無料でご利用いただけます。
Simultaneous English translation will be provided at all performances.
(Free Rental of ear-sets)
======
その他注意事項
スタッフ [短歌・俳句の朗読] 髙安智実/都内在学の中・高校生

[情報提供] 2015/07/23 15:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/08/06 16:36 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大