演劇

日本の演劇人を育てるプロジェクト新進演劇人育成公演≪俳優部門≫

空知る夏の幻想曲

デザイン:若林瑞沙

0 お気に入りチラシにする

演劇

日本の演劇人を育てるプロジェクト新進演劇人育成公演≪俳優部門≫

空知る夏の幻想曲

札幌座

扇谷記念スタジオ・シアターZOO(北海道)

2015/09/16 (水) ~ 2015/09/20 (日) 公演終了

上演時間:

空知の麦畑に忽然と、炭坑夫とおぼしき人影が現われた。「キタホナミ、これが春よ恋」道産小麦の品種の名前をつぶやきながら、小麦の穂先を煤で真っ黒に汚れた両掌で籾み扱き、小麦の実を一粒ずつ噛みしめると、彼らの鼻腔は甘い小麦の香りで満たされた。実を挽き粉にして、パンを焼き、うどんを捏ね、夏の青空を見上...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/16 (水) ~ 2015/09/20 (日)
劇場 扇谷記念スタジオ・シアターZOO
出演 木村洋次、佐藤健一、山本菜穂、高子未来、市川薫、坂本祐以(劇団千年王國)、彦素由幸(フリー)
脚本 斎藤歩
演出 斎藤歩
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2015/07/25
前売り当日共通、一般3,000円、学生1,500円、高校生以下1,000円
サイト

http://www.sapporoza.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 16日(水)19:00
17日(木)14:00/19:30
18日(金)19:30
19日(土)14:00/18:00
20日(日)14:00
説明 空知の麦畑に忽然と、炭坑夫とおぼしき人影が現われた。「キタホナミ、これが春よ恋」道産小麦の品種の名前をつぶやきながら、小麦の穂先を煤で真っ黒に汚れた両掌で籾み扱き、小麦の実を一粒ずつ噛みしめると、彼らの鼻腔は甘い小麦の香りで満たされた。実を挽き粉にして、パンを焼き、うどんを捏ね、夏の青空を見上げて空を知る。
 地底深く眠る炭塊。地表広く覆う小麦の穂。人口減、高齢化、債務超過、瀕死の旧産炭地を生きる、真っ黒に煤けた7人の若者たちが奏でる幻想曲(ファンタジー)です。
その他注意事項 未就学児童入場不可。9月17日14:00/19:30で託児を受け付けております。
スタッフ 作・演出・音楽/斎藤歩
照明プラン/熊倉英記((株)ステージアンサンブル)
演出助手/清水友陽
舞台監督/すがの公
音響プラン/斎藤歩
衣裳プラン/林千賀子
美術/山本菜穂
小道具/木村洋次
照明オペレーター/市川薫
音響オペレーター/高子未来
宣伝美術/若林瑞沙(studio COPAIN)
プロデューサー/平田修二、木村典子(札幌座)
制作/公益社団法人日本劇団協議会

[情報提供] 2015/07/24 22:18 by 松本智彦

[最終更新] 2015/07/31 13:10 by 松本智彦

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

北海道演劇財団

北海道演劇財団(0)

札幌座チーフディレクター斎藤歩の4年ぶりの新作です!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大