パルコ・プロデュース

東海市芸術劇場・大ホール(愛知県)

他劇場あり:

2015/10/16 (金) ~ 2015/10/17 (土) 公演終了

上演時間:

1984 年パルコ劇場初演の名作『タンゴ・冬の終わりに』を約30 年ぶりに上演!

『タンゴ・冬の終わりに』は、清水邦夫書下ろし、蜷川幸雄演出により、パルコ劇場で1984 年に初演された傑作です。
好評を受けて86 年に同じキャストで再演された後、91 年には、アラン・リックマン主演でロ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/10/16 (金) ~ 2015/10/17 (土)
劇場 東海市芸術劇場・大ホール
出演 三上博史、倉科カナ、神野三鈴、岡田義徳、有福正志、有川マコト、小椋毅、河井青葉、青山美郷、三浦翔哉、梅沢昌代、ユースケ・サンタマリア、他
脚本 清水邦夫
演出 行定勲
料金(1枚あたり) 7,500円 ~ 9,500円
【発売日】2015/06/27
<全席指定>
S席:9,500円/A席:7,500円
サイト

http://www.parco-play.com/web/program/tango2015/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月16日 (金) ~2015年10月17日 (土)
説明 1984 年パルコ劇場初演の名作『タンゴ・冬の終わりに』を約30 年ぶりに上演!

『タンゴ・冬の終わりに』は、清水邦夫書下ろし、蜷川幸雄演出により、パルコ劇場で1984 年に初演された傑作です。
好評を受けて86 年に同じキャストで再演された後、91 年には、アラン・リックマン主演でロンドン・ウェストエンドで2 ヶ月間上演され話題を呼びました。また2006 年にはシアターコクーンでもやはり蜷川幸雄の演出で上演されています。

この清水邦夫、渾身の名作を、行定勲が、新たに演出します。
パルコ・プロデュース公演として『趣味の部屋』など4 作品を演出し、いずれも高い評価を得、多くの観客を集めた行定勲が、映画人の思いもこめて、この骨太な作品に挑みます。

主演には、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』以来10 年ぶりのパルコ劇場出演となる三上博史。
突然引退を宣言し、生家の古びた映画館に隠棲、徐々に精神を壊していく俳優・清村盛は、まさに三上博史のはまり役と言えるでしょう。そしてその盛を追いかけてくる新進女優には倉科カナ。みなぎる情熱を秘めた清新な女優・水尾役に挑みます。また盛の妻でやはり女優のぎんには、パルコ劇場6 月公演『メアリー・ステュアート』でエリザベス一世を演じる神野三鈴。ユースケ・サンタマリアが演じるさえない俳優の連は、水尾の夫で、彼女を愛するあまり、思いがけない行動に出ます。
さらに、岡田義徳、梅沢昌代など、実力ある華やかな俳優陣の共演でおおくりします。

約30 年ぶりにパルコ劇場に帰ってくる『タンゴ・冬の終わりに』。どうぞご期待下さい。
その他注意事項 ※未就学児の入場不可
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番号を公演前日までにパルコ(Tel:03-3477-5858)宛にご連絡ください。
スタッフ

[情報提供] 2015/07/22 17:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/11/03 23:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大