演劇

壁ノ花団第十回公演

サイドカー

デザイン:山下サトル(dessert)

0 お気に入りチラシにする

演劇

壁ノ花団第十回公演

サイドカー

壁ノ花団

元・立誠小学校(京都府)

2015/09/24 (木) ~ 2015/09/27 (日) 公演終了

上演時間:

たいていの島の話がそうであるように、まずはぼんやりした男がひとりで海をながめているところからはじまる。季節は夏、これは最後まで変わらない。最後まで、とはいってもこの話はすぐに終わる。男には片方の足がなく、そばにこわれたサイドカーが停めてある。停めてあるというより、ずっと放置してありもはや廃棄物...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/24 (木) ~ 2015/09/27 (日)
劇場 元・立誠小学校
出演 金替康博、内田淳子、F.ジャパン、杉原公輔
脚本 水沼健
演出 水沼健
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,300円
【発売日】2015/08/03
一般 予約=3,000円 当日=3,300円
U-25 予約=2,000円 当日=2,300円
小中高校生 1,000円(予約・当日とも)
サイト

http://kabenohanadan.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月24日(木)19:30
9月25日(金)19:30
9月26日(土)18:30★
9月27日(日)18:30
★終演後、トークイベントあり。
説明 たいていの島の話がそうであるように、まずはぼんやりした男がひとりで海をながめているところからはじまる。季節は夏、これは最後まで変わらない。最後まで、とはいってもこの話はすぐに終わる。男には片方の足がなく、そばにこわれたサイドカーが停めてある。停めてあるというより、ずっと放置してありもはや廃棄物にしか見えない。男はそれに乗ってこの島にきた。それはもうずいぶんむかしのことで、そのことはもうはっきりとは憶えていない。ぼんやりしきったあと、男は苦労して立ちあがり、砂をはらい、誰かに話を始める。これもはっきりしないオートバイの記憶について。しかし男の話はすぐに終わる
その他注意事項 ・未就学児童の入場はご遠慮ください。
スタッフ 照明|池辺 茜  音響|堂岡俊弘
衣裳|大野知英 (iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)
演出助手|FOペレイラ宏一朗  舞台監督|浜村修司
宣伝美術|山下サトル(dessert)
制作|垣脇純子 谷口静栄

協力|劇団衛星 クリオネ 匿名劇壇 MONO GEKKEN staffroom radio mono

[情報提供] 2015/07/10 06:35 by cucu

[最終更新] 2015/09/21 23:45 by cucu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

cucu

cucu(0)

制作スタッフです。よろしくお願いいたします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大