演劇

劇団小豆組第四回本公演

ぬばたまの忍び魂

劇団小豆組

広島市青少年センター・ホール(広島県)

2015/11/07 (土) ~ 2015/11/08 (日) 公演終了

上演時間:

柘植保重は資格を取ることに生きがいを感じる青年。
ある日、彼女と洞窟探検していると、古めかしい恰好をした服部半蔵と保田采女が現れる。洞窟に住む人と勘違いし、追いかけようとすると「三郎左衛門様!?」と二人にまとわりつかれ、反対に追いかけられる。ムリヤリ連れて行かれた先は安土桃山時代。
天正7...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/11/07 (土) ~ 2015/11/08 (日)
劇場 広島市青少年センター・ホール
出演 宮本絵莉、山口優歌、田中暁弘、田所敏弘、田中翔貴、橋村基子、大西元花、十時莉音(フリー)
脚本 橋村基子
演出 橋村基子
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2015/08/07
前売 【一般】2,000円 【高校生以下】1,000円
当日 【一般】2,500円 【高校生以下】1,500円
サイト

http://komamegumi.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年11月7日(土)18:30~
2015年11月8日(日)13:30~
説明 柘植保重は資格を取ることに生きがいを感じる青年。
ある日、彼女と洞窟探検していると、古めかしい恰好をした服部半蔵と保田采女が現れる。洞窟に住む人と勘違いし、追いかけようとすると「三郎左衛門様!?」と二人にまとわりつかれ、反対に追いかけられる。ムリヤリ連れて行かれた先は安土桃山時代。
天正7年(1579年)、第一次天正伊賀の乱で伊賀に攻めてきた織田信雄軍を、福地伊予守率いるくノ一三人衆など 伊賀忍者が一丸となって撃退した直後だった。
戦の爪痕は大きい。変わってしまったものを埋められないまま、時代は織田信長自らが采配を振るう第二次天正伊賀の乱に突入しようとしていた・・・

第一回本公演『不忍忍』に続く、劇団小豆組忍び劇場 第二弾、ここに開幕!
その他注意事項 開場は開演の30分前です。
未就学児は無料となります。
スタッフ 【脚本・演出】橋村基子
【殺陣指導】田中暁弘
【舞台装置】小豆ふぁくとりー
【小道具】田所敏弘/田中翔貴
【選曲】宮本絵莉
【照明】株式会社篠本照明
【制作】大西元花/Komame Works
【会計】橋村基子
【舞台監督助手】山口優歌
【舞台監督】田中暁弘

[情報提供] 2015/07/09 23:14 by 史郎

[最終更新] 2016/06/21 19:31 by 史郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

史郎

史郎(0)

役者・俳優 殺陣 舞台監督

劇団小豆組忍び劇場 第2弾! 今回も殺陣指導として頑...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大