演劇

アカデミック・シェイクスピア・カンパニー(ASC)第37回公演

~譲れないものを失うことのファルス(笑劇)~

演劇

アカデミック・シェイクスピア・カンパニー(ASC)第37回公演

恭しき娼婦

~譲れないものを失うことのファルス(笑劇)~

アカデミック・シェイクスピア・カンパニー (ASC)

遊空間がざびぃ(東京都)

2008/04/11 (金) ~ 2008/04/13 (日) 公演終了

上演時間:

人間の尊厳。
この不条理劇は娼婦を通して、人間の尊厳を哀しくも力強く主張し、さらに不条理を希望にまで昇華させている。希望とは、どんな状況下においても命をつないでいく尊さのことだ。また、サルトル自身この作品をファルス(笑劇)と称しているところに、作者の人間愛を感じてならない。
ヒロインの不器...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/11 (金) ~ 2008/04/13 (日)
劇場 遊空間がざびぃ
出演 日野聡子、鈴木浩史、彩乃木崇之、鈴木祐
脚本 ジャン=ポール・サルトル
演出 彩乃木崇之
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2008/03/05
前売り2500円、当日3000円
サイト

http://homepage2.nifty.com/asc_web/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人間の尊厳。
この不条理劇は娼婦を通して、人間の尊厳を哀しくも力強く主張し、さらに不条理を希望にまで昇華させている。希望とは、どんな状況下においても命をつないでいく尊さのことだ。また、サルトル自身この作品をファルス(笑劇)と称しているところに、作者の人間愛を感じてならない。
ヒロインの不器用なまでにストレートな生き様。潔さと孤立。
「恭しき」と「娼婦」という相反するイメージの言葉、そのタイトルからしてオクシモロン(矛盾形容法)でシェイクスピア的なこの作品。
ASCが初めてシェイクスピア作品でないものを上演。初挑戦。
その他注意事項
スタッフ 訳:芥川比呂志
照明:たなか一絵
音響:田代智恵
フライヤーデザイン:阿部祥子
データ管理:赤木一枝
制作:石塚智美・ASC

[情報提供] 2008/03/05 10:39 by ASC

[最終更新] 2008/03/05 10:46 by ASC

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大