地点

アンダースロー(京都府)

2015/07/10 (金) ~ 2015/07/13 (月) 公演終了

上演時間:

日本の近代の始まりから終わり、すなわち大日本帝国憲法の制定から敗戦を経て日本国憲法の発布に至るまでを、
文体も用途もバラバラな言葉をコラージュすることによって描いた作品。
原爆投下、玉音放送、毎年めぐってくる終戦の季節……。
様々なテキストをつなぎ合わせているのは、観客に共有されている日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/07/10 (金) ~ 2015/07/13 (月)
劇場 アンダースロー
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平
脚本
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
料金:2,000円
サイト

http://chiten.org/next/archives/31

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 上演時間:約60分
7月10日(金)20:00
7月11日(土)20:00
7月12日(日)20:00
7月13日(月)20:00★
★=トークあり 
説明 日本の近代の始まりから終わり、すなわち大日本帝国憲法の制定から敗戦を経て日本国憲法の発布に至るまでを、
文体も用途もバラバラな言葉をコラージュすることによって描いた作品。
原爆投下、玉音放送、毎年めぐってくる終戦の季節……。
様々なテキストをつなぎ合わせているのは、観客に共有されている日本の近現代史。
近年の地点作品の中で最も音楽的な作品とも評され、忌避されがちなテーマにも関わらず観客からの人気も高い〈隠れた名作〉です。
その他注意事項
スタッフ 使用テキスト:
大日本帝国憲法(御告文・憲法発布勅語・本文)、朝吹真理子『家路』、玉音放送(終戦の詔勅)口語訳、
日本記者クラブ公式記者会見記録(1975年10月31日)、別役実『象』、『犬養木堂氏大演説集』、
F・カフカ『彼』、日本国憲法前文

照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:小森あや 田嶋結菜

ゲスト:白井聡(京都精華大学人文学部教員)

[情報提供] 2015/07/07 16:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/07/07 16:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大