オペラ

ひろしまオペラルネッサンス公演

時代を超えた人間愛

「フィガロの結婚」

0 お気に入りチラシにする

オペラ

ひろしまオペラルネッサンス公演

「フィガロの結婚」

時代を超えた人間愛

ひろしまオペラ・音楽推進委員会

JMSアステールプラザ 大ホール(広島県)

2015/09/26 (土) ~ 2015/09/27 (日) 公演終了

上演時間:

モーツァルト作品の中でも最も広く愛されている作品で、軽快な序曲に始まり、「恋とはどんなものかしら」「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」などのアリア、フィナーレを飾る圧巻のアンサンブルと聴きどころが満載です。
原作のボーマルシェの戯曲『たわけた一日、あるいはフィガロの結婚』(1784年)は、当時の権力...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/26 (土) ~ 2015/09/27 (日)
劇場 JMSアステールプラザ 大ホール
出演 山岸玲音、折河宏治、柳清美、柴山愛、古瀬まきを、小林良子、山本徹也、山本忠寿、藤永麻未、荒巻幸絵、浦池佑佳、佐々木有紀、藤井信行、安東省二、升島唯博、枝川一也、柏原保典、菅康裕、吉村華織、平福知夏、楠木稔、山中優美、本村聡子、新家華織、小林理恵
作曲 W.A.モーツァルト
演出 岩田達宗
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 8,000円
【発売日】2015/06/27
S席8,000円 A席6,000円 B席4,000円 C席2,000円
サイト

http://h-culture.jp/opera/renaissance/event3/entry-74.html#ttl

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 モーツァルト作品の中でも最も広く愛されている作品で、軽快な序曲に始まり、「恋とはどんなものかしら」「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」などのアリア、フィナーレを飾る圧巻のアンサンブルと聴きどころが満載です。
原作のボーマルシェの戯曲『たわけた一日、あるいはフィガロの結婚』(1784年)は、当時の権力者を痛烈に批判した風刺劇で、フランス革命(1787-1799年)前夜の情景とも言われる作品でした。モーツァルトは台本作家ダ・ポンテの協力のもと、緻密なオーケストラを背景に登場人物たちを生身の人間として生き生きと描き出し、オペラ台本化の際、ウィーンの検閲を意識して原作から巧妙に取り除いた「政治風刺劇」の側面までも音の中に織り込み、音楽と演劇を融合させた革新的な作品として1786年に世に送り出しました。
今回の公演では、今最も旬な指揮者 川瀬賢太郎と円熟味を増す演出家 岩田達宗、全国オーディションで選抜されたキャスト陣がじっくり練り上げたアンサンブルと見応えのある舞台をお届します。時代を越えてなお、色褪せることのない不朽の名作『フィガロの結婚』を、どうぞお見逃しなく。
その他注意事項 ※全席指定、表示料金はすべて消費税込み。
※就学前のお子様のご同伴、ご入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更及び払い戻しはいたしません。
スタッフ 指揮:川瀬賢太郎
管弦楽:広島交響楽団
合唱:ひろしまオペラルネッサンス合唱団
副指揮、マエストロ・ソスティトゥート/平野満
美術デザイン/増田寿子 
衣裳デザイン/前田文子
照明デザイン/稲田道則
舞台監督/菅原多敢弘 
演出助手/喜田健司
振付/池澤嘉信
合唱指導/もりてつや. 
練習ピアノ/岡野三枝、枝川泰子、越前皓也、新田あい子

[情報提供] 2015/07/03 21:49 by ひろしまオペラ・音楽推進委員会

[最終更新] 2015/09/28 17:28 by ひろしまオペラ・音楽推進委員会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大