地点

アンダースロー(京都府)

2015/06/30 (火) ~ 2015/07/03 (金) 公演終了

上演時間:

作品の半分が本番当日の新聞の紙面から抜粋されるという、常にできたてほやほやの〈無重力演劇〉。
作品のもう半分は小松左京によるSF小説です。
1960〜1980年代に活躍したこのt作家は、戦後日本の焼け野原の風景を心に刻み、
かくあるべき未来の姿を、あるいは未来永劫変らぬ人の孤独を書き続け...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/06/30 (火) ~ 2015/07/03 (金)
劇場 アンダースロー
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平
脚本
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
料金:2,000円
サイト

http://chiten.org/next/archives/32

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 上演時間:約65分

2015年
6月30日(火)20:00
7月1日(水)20:00
7月2日(木)20:00
7月3日(金)20:00★
説明 作品の半分が本番当日の新聞の紙面から抜粋されるという、常にできたてほやほやの〈無重力演劇〉。
作品のもう半分は小松左京によるSF小説です。
1960〜1980年代に活躍したこのt作家は、戦後日本の焼け野原の風景を心に刻み、
かくあるべき未来の姿を、あるいは未来永劫変らぬ人の孤独を書き続けました。
過去に夢想された未来、その未来よりは過去にあたる現在を生きる私たち。
時空が歪んでしまう〈超空間〉で現在を取り戻し、新しいコミュニケーションを獲得することは、できるのでしょうか。
その他注意事項
スタッフ 衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:小森あや 田嶋結菜

使用テキスト:
今日の新聞(朝日新聞日刊)、小松左京『さよならジュピター』、『果しなき流れの果に』、『神への長い道』、『戦争はなかった』、『こちらニッポン...』

[情報提供] 2015/07/03 13:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/07/03 14:00 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大