演劇

ウイングフィールド15周年「時代を拓く演劇人」企画参加 空の驛舎〈fragment〉vol.1

スピードに真夜中あげる

デザイン:津久間泉

0 お気に入りチラシにする

演劇

ウイングフィールド15周年「時代を拓く演劇人」企画参加 空の驛舎〈fragment〉vol.1

スピードに真夜中あげる

空の驛舎

ウイングフィールド(大阪府)

2008/03/22 (土) ~ 2008/03/23 (日) 公演終了

上演時間:

深夜、車の運転をしている男がいる。彼は自分が何処から来たのか、何処へ行くのか分らずに車を走らせている。

車のスピードをぐんぐん上げているうちに、車窓に流れていた景色が突然止まった。景色の代わりに男がこれまで生きてきた思い出や記憶が甦ってくる。

関係が疎遠になっている弟、年老いた母親...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/03/22 (土) ~ 2008/03/23 (日)
劇場 ウイングフィールド
出演 河本久和、三田村啓示、津久間泉、小寺修平、石塚博章(Blue,Blue.)、久保田智美(劇団ひまわり)
脚本 中村賢司
演出 中村賢司
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,800円
【発売日】
前売 1500円  
当日 1800円
WEB予約割引 1300円
3/23 18:00の回限定WEB予約割引 1000円
サイト

http://plaza.rakuten.co.jp/soranoeki/007000

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 深夜、車の運転をしている男がいる。彼は自分が何処から来たのか、何処へ行くのか分らずに車を走らせている。

車のスピードをぐんぐん上げているうちに、車窓に流れていた景色が突然止まった。景色の代わりに男がこれまで生きてきた思い出や記憶が甦ってくる。

関係が疎遠になっている弟、年老いた母親が現れる。別れた恋人、学生時代の悪友が現れる。男は記憶を失ったわけではない。見てなかったのだ。
男以外の登場人物は、それなりの人生の時間を体に刻んでいるが、彼にはそれはない。

男は見えてなかった風景や人との関係性を再度、見ようとするのだが、その男の前に立ち現れた人々も風景も、スピードをあげて男の前を通り過ぎていく。
男は記憶を失ったのではない。見えていなかったのだ。もしくは見えないふりをしていたのか。

そんな男に「過去」や「未来」は容赦なくスピードをあげ、通り過ぎ、彼を取り残していく・・・

加速を続けた車に生じたエアポケットが舞台。主人公は広さ2畳間の車の中から出ることが出来ず、自分の一生を振り返ることになります。「時間」と「空間」が入れ替わった2畳の宇宙で繰り広げられる極私的世界を「スピードをあげて」展開していきます。

乞うご期待!
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】 武吉浩二(CQ)
【照明】 池辺茜
【音響】 大西博樹
【制作】 尾崎雅久 中村京子(Blue,Blue.)
【カンパニーメンバー】 塚本久留実

[情報提供] 2008/03/04 20:33 by mitamura

[最終更新] 2008/03/04 20:47 by mitamura

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大