演劇

増澤ノゾム 独り芝居

[NOVECENTO] Un monologo

海の上のピアニスト

0 お気に入りチラシにする

演劇

増澤ノゾム 独り芝居

海の上のピアニスト

[NOVECENTO] Un monologo

MAM

ル・ケレス 南円山ミュージアムホール(北海道)

2015/09/19 (土) ~ 2015/09/20 (日) 公演終了

上演時間:

98年に巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによって映画化され、話題となった「海の上のピアニスト」。
もともとはイタリアの独り芝居として世に出された作品でした。
豪華客船ヴァージニアン号に置き去りにされた小さな命。
「ノヴェチェント(900)」
世紀の変わり目の1900年に、この船で拾われた彼...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/09/19 (土) ~ 2015/09/20 (日)
劇場 ル・ケレス 南円山ミュージアムホール
出演 増澤ノゾム、奥田祐(ピアノ)
脚本 アレッサンドロ・バリッコ
演出 増澤ノゾム
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】2015/08/01
サイト

http://homepage2.nifty.com/masuzawa/mam.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月19日(土)19:00
9月20日(日)13:00
説明 98年に巨匠ジュゼッペ・トルナトーレによって映画化され、話題となった「海の上のピアニスト」。
もともとはイタリアの独り芝居として世に出された作品でした。
豪華客船ヴァージニアン号に置き去りにされた小さな命。
「ノヴェチェント(900)」
世紀の変わり目の1900年に、この船で拾われた彼は、1900の「900」を取ってこう名付けられた。
船を降りることなく成長したノヴェチェントは、やがてピアニストとして信じがたい才能を発揮する。
その音色は、あらゆる人を感動の渦に巻き込み、その噂は海を渡り陸地にまで広がって行く……
彼の親友であったトランペット奏者の口から語られる、世にも不思議な、心揺さぶられるピアニストの物語。
この独り芝居に、役によって様々な個性を発揮する俳優、増澤ノゾムが挑みます。
音楽は舞台・映画の作曲でも定評があり、様々なライブ活動を通じて新しい音楽を常に探究し続けるミュージシャン、奥田祐。
生演奏と独り芝居によって浮かび上がる、夢のようなピアニストの生涯。
是非ご堪能下さい!
その他注意事項
スタッフ 訳  草皆 伸子
   青井 陽治
音楽 奥田 祐
協力 小松 悟
   脇田 唯
制作 MAM 

[情報提供] 2015/06/20 17:26 by 増澤ノゾム

[最終更新] 2015/07/30 01:21 by 増澤ノゾム

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

増澤ノゾム

増澤ノゾム(0)

演出・出演でございます。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大