パルコ・プロデュース

PARCO劇場(東京都)

他劇場あり:

2015/08/07 (金) ~ 2015/08/30 (日) 公演終了

上演時間:

たった二人の男優で語る英国ホラー演劇の傑作!
新キャストを迎え、7年ぶりの上演決定!

英国発ゴシック・ホラーの決定版、『ウ-マン・イン・ブラック<黒い服の女>』。
12の言語に翻訳、世界40余国で上演され、ロンドンのウエストエンドにあるフォーチュン・シアターでは、今年26年目になるロ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/08/07 (金) ~ 2015/08/30 (日)
劇場 PARCO劇場
出演 岡田将生、勝村政信
脚本
演出 ロビン・ハ-フォ-ド
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 8,500円
【発売日】2015/06/13
<全席指定>
8,500円
U-25チケット=5,000円(観劇時25歳以下対象・当日指定席券引換・要身分証明書)
※U-25チケットはチケットぴあにて前売り販売のみのお取扱いです。
サイト

http://www.parco-play.com/web/program/wib2015/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 たった二人の男優で語る英国ホラー演劇の傑作!
新キャストを迎え、7年ぶりの上演決定!

英国発ゴシック・ホラーの決定版、『ウ-マン・イン・ブラック<黒い服の女>』。
12の言語に翻訳、世界40余国で上演され、ロンドンのウエストエンドにあるフォーチュン・シアターでは、今年26年目になるロングラン公演になります。

女流作家ス-ザン・ヒルの同名小説をもとに、スティ-ブン・マラトレットの脚色、ロビン・ハ-フォ-ドの演出で舞台化されたこの作品は、1987年にスカーバラのスティーヴン・ジョセフ・シアターで幕を開け、ロンドン、ハマ-スミスのリリック・シアタ-、プレイハウス・シアターを経て、1989年6月にはウエストエンドのフォ-チュン・シアタ-で上演を開始、瞬く間にロンドンっ子を恐怖で震え上がらせ、大評判となりました。

『ウーマン・イン・ブラック』は、“恐怖”という感覚を見事にエンターテイメント化した作品です。
観客のいない劇場。本来なら何百という人の息が聞こえてきそうなその場所で、たった2人の男、中年の弁護士と若い俳優が、過去に体験した世にも恐ろしい出来事を、劇中劇の形を借りて再現していきます。俳優は若き日のキップスを、弁護士は彼が出会った人々を演じながら・・・。
物語が進むにつれ次第に観客は想像力を駆使せざるをえなくなり、同時に、ひたひたと迫ってくる恐怖の予感に出会うのです。各紙演劇批評の絶大な支持を得た音響効果がそこに追い討ちをかけます。そして観客は、断崖から突き落とされた様な恐怖の感覚を体験するのです。
『ウーマン・イン・ブラック』は、俳優がその才能を大いに発揮できる脚本であり、さらに、照明、音響、舞台装置がシンプルゆえに非常に有効であるという、演劇ならではの普遍的な面白さがあります。それが、国境を超え世界40ヵ国あまりで上演される所以です。

日本での上演は、1992年、93年(斎藤晴彦/萩原流行)、96年(斎藤晴彦/西島秀俊)、99年、2003年、2008年(斎藤晴彦/上川隆也)と回数を重ねてきました。
パルコ・プロデュースの中でも、観客からの再演希望が多くその評価は絶大なものです。この作品の持つ手法-“語り”の力で風景や情景を想像させ恐怖を感じさせる-は、“蝋燭を囲んで語られる怪談話”に馴染み、落語や講談に代表される伝統的な“語り”文化を持つ日本人にとっては、より効果的であったに違いありません。

パルコ劇場で、繰り返し大切に上演を続けてきた、『ウ-マン・イン・ブラック<黒い服の女>』。
オリジナル演出家のもと、翻訳、キャストを一新し、さらにクオリティを高め、2015夏、7度目の上演に挑みます。
どうぞご期待ください!
その他注意事項 ※未就学児の入場不可
スタッフ 原作:スーザン・ヒル
脚色:スティーブン・マラトレット
演出:ロビン・ハ-フォ-ド
翻訳:小田島恒志

[情報提供] 2015/06/12 18:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/08/16 11:27 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大