サンライズプロモーション東京

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2015/08/01 (土) ~ 2015/08/02 (日) 公演終了

上演時間:

[演目]
一、たがや
一、小猿七之助
一、居残り佐平次
※両日、共通演目となります。


「新世代の名人」「今最もチケットが取れない落語家のひとり」等、多くの評判を謳われる立川談春が、いよいよ Bunkamuraシアターコクーンに登場致します!

2014年5月31日の大阪フ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/08/01 (土) ~ 2015/08/02 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 立川談春
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,320円 ~ 5,400円
【発売日】2015/06/14
<全席指定>
指定席・¥5,400 
中2階バルコニー席・¥4,860 
コクーンシート指定席・¥4,320
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_tachikawa.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015/8/1(土)17:00
2015/8/2(日)17:00
説明 [演目]
一、たがや
一、小猿七之助
一、居残り佐平次
※両日、共通演目となります。


「新世代の名人」「今最もチケットが取れない落語家のひとり」等、多くの評判を謳われる立川談春が、いよいよ Bunkamuraシアターコクーンに登場致します!

2014年5月31日の大阪フェスティバルホールより開幕した全国ツアーは、約1年2か月に及ぶロングツアーを経て、67公演・48,000名を動員。落語家の独演会としては、異例ともいえる大規模なツアーを開催して参りました。
ツアータイトルに掲げた『もとのその一』とは、千利休が残したとされる和歌「利休百首」にある「稽古とは一より習ひ 十を知り 十よりかへる もとのその一」という一首から引用しており、「初心に帰る」という強い決意を込めたものであります。
その意味の通り、今回、高座に掛ける演目は、生粋の古典落語である「たがや」「小猿七之助」「居残り佐平次」の三席。
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
スタッフ

[情報提供] 2015/06/12 18:14 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/06/12 18:14 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大