演劇

下鴨車窓#12アジアツアー《京都,大阪公演》

漂着(island)

デザイン:古閑剛

0 お気に入りチラシにする

演劇

下鴨車窓#12アジアツアー《京都,大阪公演》

漂着(island)

下鴨車窓

三重県文化会館(三重県)

他劇場あり:

2015/08/22 (土) ~ 2015/08/23 (日) 公演終了

上演時間:

孤島に流れ着いた
瓶詰めの手紙が呼び起こす
記憶と出発の物語

 その安アパートの窓から見える空はいつも曇っているように感じられた。何本もの工場の煙突が遠くにあって、高く空を支えている。四六時中出ている煙突からの煙が空を作っているようだった。思った以上の工場地帯に来たのだなと引っ越して...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画2

すべて見る

下鴨車窓は京都を拠点に活動する現代演劇の創作ユニット。2015年6月から8月にかけて、新作『漂着(island)』で国内4都市と海外2都市を巡演するアジアツアーを行う。

下鴨車窓
http://tana2yo.under.jp

公演詳細

期間 2015/08/22 (土) ~ 2015/08/23 (日)
劇場 三重県文化会館
出演 藤原大介(劇団飛び道具)、柏木俊彦(第0楽章)、福田温子(てがみ座)、飯坂美鶴妃(枠縁)、菅一馬(デ)
脚本 田辺剛
演出 田辺剛
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】2015/06/13
一般=2,000円/ペアチケット=3,600円/ユース(25歳以下)=1,000円
サイト

http://tana2yo.under.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月22日(土)18:00
8月23日(日)14:00
説明 孤島に流れ着いた
瓶詰めの手紙が呼び起こす
記憶と出発の物語

 その安アパートの窓から見える空はいつも曇っているように感じられた。何本もの工場の煙突が遠くにあって、高く空を支えている。四六時中出ている煙突からの煙が空を作っているようだった。思った以上の工場地帯に来たのだなと引っ越してから気がついた。まだ梅雨だからいっそう空の灰色はたしかだ。
 映像作家の進藤は今が作家として停滞期であることをはっきり自覚していた。その安アパートに引っ越してきたのは製作費の捻出と心機一転を図るため。
 窓から見える風景に憂鬱としながらも新作の構想は練ってある。孤島を舞台にした夫婦の物語だ。浜辺に流れ着いた瓶詰めの手紙が大切なアイテム。ただ、手紙とともに流れ着いた女のアイデアは後付で、それはアパートの側を流れる用水路に浮かんだ女の死体と目が合ってしまったのがきっかけだった。
その他注意事項 ※京都と大阪のほかに、香港・マカオ公演(6月下旬)と三重・東京公演(8月下旬)があります
※終演後のトークイベントを開催する回がございます。開催の回やゲストなど詳しいことはホームページをご覧ください。
スタッフ [舞台監督]山中秀一[舞台美術]川上明子[音響]小早川保隆[照明]葛西健一(GEKKEN staff room)[衣裳]南野詩恵[演出助手]角谷麻衣[制作補佐]山口茜[イラストレーション]岡林真由子[コーディネーター/通訳]美里(いきもんずでざいん)

[情報提供] 2015/04/15 00:15 by キウイ

[最終更新] 2015/10/23 03:00 by キウイ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

小林(三重県文化会館)

小林(三重県文化会館)(0)

三重公演担当者です。

イサン

イサン(0)

当劇場を稽古場として使っていただいています。

キウイ

キウイ(15)

脚本 演出 制作

下鴨車窓の主宰です。よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大