歌舞伎・伝統芸能

市川猿之助芸術監督プログラム

市川猿之助 春秋座歌舞伎舞踊公演

京都芸術劇場

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2015/06/12 (金) ~ 2015/06/14 (日) 公演終了

上演時間:

市川猿之助が、芸術監督をつとめる春秋座で初のお家芸「独楽」を。 さらに、「双面水照月」の難役を初役にて挑みます! ともに江戸の風俗と情緒溢れる二題の本格歌舞伎舞踊を猿之助が本拵えで披露します。 幕開きの「演目解説」もどうぞお楽しみに!


序、演目解説
本格歌舞伎舞踊をより一層楽しんで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/06/12 (金) ~ 2015/06/14 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 市川猿之助、市川門之助、市川笑也、市川笑三郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 8,500円
【発売日】2015/03/18
一般      8500円
友の会     7500円
シニア     8000円
学生&ユース席 4500円
サイト

http://www.k-pac.org/performance/20150612.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月12日(金)16:00
6月13日(土)12:00※ / 16:00
6月14日(日)12:00

※託児サービス(要事前予約)
説明 市川猿之助が、芸術監督をつとめる春秋座で初のお家芸「独楽」を。 さらに、「双面水照月」の難役を初役にて挑みます! ともに江戸の風俗と情緒溢れる二題の本格歌舞伎舞踊を猿之助が本拵えで披露します。 幕開きの「演目解説」もどうぞお楽しみに!


序、演目解説
本格歌舞伎舞踊をより一層楽しんでいただくために、観るのが初めての方にも分かりやすく演目を解説いたします。


一、猿翁十種の内 独楽(こま)
1928年9月東京・歌舞伎座で二世市川猿之助が、初世猿之助が踊った《人形売独楽姿見(にんぎよううりこまのすがたみ)》を改訂し、新作として発表したもの。そして、三世猿之助が猿翁十種に加えたというおもだか屋の歴史深いお家芸です。 さらに、四代目猿之助が学生の頃から踊っているという得意の演目。春秋座では初お目見えの本作を卓越した猿之助の技でお楽しみください。


二、双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)
醜悪な破壊僧・法界坊と可憐な女性・野分姫という2人の人物の亡霊を、1人の役者が同じ姿で踊り分ける難役に、市川猿之助が初役で挑みます。
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
スタッフ

[情報提供] 2015/05/22 17:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/05/22 17:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大