演劇

地点

アンダースロー(京都府)

2015/05/02 (土) ~ 2015/05/04 (月) 公演終了

上演時間:

2014年9月には、初の海外公演をロシア・ウラジーミルとヤロスラヴリで行った地点の『かもめ』。
チェーホフ劇の本場・ロシアではすり切れる程上演されているこの戯曲、
「これまでつまらない上演をうんざりする程見て来たから、またかと思ってちょっと心配してたんだ。
でもあなた方の『かもめ』を見て...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/05/02 (土) ~ 2015/05/04 (月)
劇場 アンダースロー
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平
脚本 アントン・チェーホフ
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】
料金:2,000円
サイト

http://chiten.org/underthrow/archives/15

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月2日(土)20:00
5月3日(日)20:00
5月4日(月・祝)20:00
説明 2014年9月には、初の海外公演をロシア・ウラジーミルとヤロスラヴリで行った地点の『かもめ』。
チェーホフ劇の本場・ロシアではすり切れる程上演されているこの戯曲、
「これまでつまらない上演をうんざりする程見て来たから、またかと思ってちょっと心配してたんだ。
でもあなた方の『かもめ』を見て、チェーホフの本質を教えられた。素晴らしかった!」と、
各地で絶賛をいただき、胸をなでおろしたのでした。
長年この作品を上演してきた地点にとっても、アンダースロー版は決定版となりました。
幕前のニーナによるお茶のサービスはなくてはならない演出。
少し早めに会場にきて、堪能していただければ幸いです。
===
大女優のアルカージナは恋人で人気作家のトリゴーリンを伴って湖畔の屋敷に戻ってきている。革新的な作家になることを志す息子のトレープレフ、女優を夢見るその恋人ニーナ。若いふたりによる劇が仮設舞台で上演される。トレープレフに片思いするマーシャ、マーシャに求婚しているメドヴェージェンコの姿もそこにはある――。
その他注意事項
スタッフ 翻訳:神西清
美術:杉山至+鴉屋
衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:小森あや 田嶋結菜

[情報提供] 2015/04/22 14:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/04/22 14:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大