楽塾

Space早稲田(東京都)

2008/04/29 (火) ~ 2008/05/06 (火) 公演終了

上演時間:

「あらすじ」
羽田から千歳へ向かう飛行機が、あろうことか「砂漠」に墜落?不時着?した。生き残ったのは、北海道旅行の仲良し仲居さん4人組、これから売りだし予定の歌手トリオ、網走刑務所に送られる殺人犯の老婆と護送中の婦人警官、赤いランドセルを背負った天才少年とキャビンアテンダントの11人。何故墜...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/29 (火) ~ 2008/05/06 (火)
劇場 Space早稲田
出演 いそちゆき、川本かず子、杉山智子、高野あっこ、流山児祥、肝付兼太(声の出演)
脚本 北村想(新作書き下ろし)
演出 流山児祥
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2008/03/03
日時指定・自由席(定員制)
前売り:2,800円 当日:3,000円 学生割引:2,500円
サイト

http://www.ryuzanji.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「あらすじ」
羽田から千歳へ向かう飛行機が、あろうことか「砂漠」に墜落?不時着?した。生き残ったのは、北海道旅行の仲良し仲居さん4人組、これから売りだし予定の歌手トリオ、網走刑務所に送られる殺人犯の老婆と護送中の婦人警官、赤いランドセルを背負った天才少年とキャビンアテンダントの11人。何故墜落?不時着?したのか、機中で子供がゲームをやっていたせい? 機首にUFOが激突? だからバグ。老婆は沖縄戦を語り、スパイが姿を現し銃撃戦が繰り広げられるが、死んだと思ったら生き返る。ここはゲームの中なのか元の世界に11人は帰れるのか。天才少年いわく「大丈夫、ゲーム機もあるし、必須アイテムキャベツもある。が、もうひとつ、荒唐無稽が必要なんだ!」

■楽塾とは?■
「ひとは元気で楽しいものを見ると元気で楽しくなる」をモットーに、ついに11年目を迎える中高年劇団=楽塾。昨年は10周年記念公演『真夏の夜の夢』を下北沢本多劇場で連日満員好評のうちに上演、早稲田の地域で始まった小さな試みが「新しい演劇のムーブメント」となった。平均年齢56歳のフツーの人々によるどこにもない「新しい演劇のムーブメント」の「次の10年」に向けた新たなる出発はあの大作映画『K-20』の北村想が楽塾のために初めて書き下ろすSFファンタジー歌劇です。
その他注意事項
スタッフ 【美術】小林岳郎
【照明】ROMI
【振付】竹村絵美
【音楽】諏訪創
【舞台監督】武田智弘
【映像】工藤真路
【宣伝美術】山中桃子 Flyer-ya
【協力】伊藤しずよ 宮沢智子
【制作】楽塾 米山恭子
【主催】流山児★事務所

[情報提供] 2008/02/21 17:56 by 流山児☆

[最終更新] 2008/04/30 20:53 by 流山児★事務所

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

さとこ

さとこ(0)

激しい動きの稽古で腰痛になりそうです!でも、スッチーの...

流山児★事務所

流山児★事務所(2)

思いもよらぬ北村想の「新作書き下ろし」という「楽塾」へ...

Kiri

Kiri(0)

ジョシデカ役で出演します。よろしくぅ!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大