演劇

MDSカンパニー第三回公演

女神の棘

0 お気に入りチラシにする

演劇

MDSカンパニー第三回公演

女神の棘

水戸ドラマスタジオ

ひたちなか市文化会館 小ホール(茨城県)

2015/05/24 (日) ~ 2015/05/24 (日) 公演終了

上演時間:

古の希臘(ギリシャ)。奇峰山(キタイロン)の山塊深く打ち捨てられた御社(みやしろ)に、杖を手にとり、弓を背負い、漆黒の面頬(マスク)を付けたる女たちが現れる。

土地の王は異邦の侵入者を捕らえんと、捕吏(ほり)の男を差し向けるが、詮議の問答にも女たちは黙して語(かた)ろうとはしない。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/05/24 (日) ~ 2015/05/24 (日)
劇場 ひたちなか市文化会館 小ホール
出演
脚本 長谷川裕久
演出 長谷川裕久
料金(1枚あたり)
【発売日】2015/04/01
前売り2,200円、当日2,500円
サイト

http://mitodramastudio.wix.com/mdscompany

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月24日(日)15:00(14:30開場)
説明 古の希臘(ギリシャ)。奇峰山(キタイロン)の山塊深く打ち捨てられた御社(みやしろ)に、杖を手にとり、弓を背負い、漆黒の面頬(マスク)を付けたる女たちが現れる。

土地の王は異邦の侵入者を捕らえんと、捕吏(ほり)の男を差し向けるが、詮議の問答にも女たちは黙して語(かた)ろうとはしない。

男がいよいよ捕縛の手を伸ばそうとしたとき、一人が歩み出でて「私どもは神意(ゼウス)によって選ばれた者。行く土地(くに)土地(ぐに)で預託(あずけ)の神言(かみごと)を司る巫女にございます」と話し出す。

捕吏の男はその素性を怪しみながらも「ならば俺のこの目で、その神託の儀式(まつり)とやらを見せてもらおう」と言った…。
その他注意事項 全席自由・未就学児入場不可
スタッフ

[情報提供] 2015/04/12 10:00 by 水戸ドラマスタジオ

[最終更新] 2015/04/12 10:01 by 水戸ドラマスタジオ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大