演劇

俳優座劇場プロデュースNo.95 俳優座劇場開場60周年

十二人の怒れる男たち

俳優座劇場

俳優座劇場(東京都)

2015/03/25 (水) ~ 2015/03/31 (火) 公演終了

上演時間:

蒸し暑いある夏の午後。十二人の陪審員たちは少年の父親殺しの容疑に、有罪(=死刑)の宣告を与えるか、無罪の評決を提出するかの重大な決定をしなければならない。少年の容疑は動かしがたいものに思えていたが、一人の陪審員が発言する。
「我々が問題にしているのはある人間の命だということです。もし間違って...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/25 (水) ~ 2015/03/31 (火)
劇場 俳優座劇場
出演 塩山誠司、金成均、青木和宣、瀬戸口郁、内田夕夜、山本健翔、古川龍太、原康義、金内喜久夫、柴田義之、米山実、溝口敦士、田部圭祐
脚本 レジナルド・ローズ
演出 西川信廣
料金(1枚あたり) 2,900円 ~ 5,800円
【発売日】2015/02/09
一般5800円
★ハーフチケット2900円(3月25日)
グリーンチケット[学生]2900円(俳優座劇場のみ扱い)
サイト

http://www.haiyuzagekijou.co.jp/produce/?ca=3

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3/25(水)19:00
3/26(木)19:00
3/27(金)19:00
3/28(土)14:00
3/29(日)14:00
3/30(月)19:00
3/31(火)14:00
説明 蒸し暑いある夏の午後。十二人の陪審員たちは少年の父親殺しの容疑に、有罪(=死刑)の宣告を与えるか、無罪の評決を提出するかの重大な決定をしなければならない。少年の容疑は動かしがたいものに思えていたが、一人の陪審員が発言する。
「我々が問題にしているのはある人間の命だということです。もし間違っていたらどうしますか?」陪審室の空気は一変し、男たちの討論は白熱していく――。
全ての配役に新しい出演者を迎え再登場します。
その他注意事項
スタッフ 翻訳
酒井洋子

[情報提供] 2015/03/24 13:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/04/02 23:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大