演劇

大阪部 vol.1

惑ひ

デザイン:デザイン太陽と雲

0 お気に入りチラシにする

演劇

大阪部 vol.1

惑ひ

劇団競泳水着

in→dependent theatre 1st(大阪府)

2015/07/10 (金) ~ 2015/07/13 (月) 公演終了

上演時間:

■□■ あらすじ ■□■

40代を間近に控え、男は惑っていた。
五年前に設立した小さなデザイン事務所は、実質的に妻の実家の資産によって支えられていた。
経営には口を出さない献身的な妻とその両親だが、家業を継ぐことをにおわせてくる。
仕事を回してくれる後輩は昇進が決まり、いつしか頭が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/07/10 (金) ~ 2015/07/13 (月)
劇場 in→dependent theatre 1st
出演 坂口修一、横田江美(A級MissingLink)、南光愛美(劇団猫の森)、吉田電話(クロムモリブデン)、楠亀えり香(本若)、たはらもえ(劇団レトルト内閣)、野田弘喜
脚本 上野友之
演出 上野友之
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2015/05/17
前売・予約3000円
当日券3500円
U-22 2000円(枚数限定/要予約&証明)
サイト

http://k-mizugi.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/10(金) 19:30
7/11(土) 15:00/19:00
7/12(日) 13:00/17:00
7/13(月) 14:00/19:00
説明 ■□■ あらすじ ■□■

40代を間近に控え、男は惑っていた。
五年前に設立した小さなデザイン事務所は、実質的に妻の実家の資産によって支えられていた。
経営には口を出さない献身的な妻とその両親だが、家業を継ぐことをにおわせてくる。
仕事を回してくれる後輩は昇進が決まり、いつしか頭が上がらなくなっている。
望んで手に入れたはずの自分の城が、自由とは程遠く、日に日に重くのしかかる。
俺の人生はこのまま続くのだろうか。俺はまだ若いのだろうか。もう一つの人生を夢想してしまう俺は浅はかなのだろうか。

そんな時、事務所に一人の新人デザイナーが現れる。十も歳の離れた彼女は、すぐに事務所に欠かせない戦力となる。
彼女の言葉が、目線が、男の夢と自信を復活させる。
そして事務所で二人きりになった夜に、彼女は男に呟く。

「このままでいいの?」

この出逢いがもたらすのは、新しい人生か、破滅か、それとも……?
劇団競泳水着、初の大阪滞在制作となる大阪部、始動!第1弾は妖しく危ういビターストーリー。 

■□■ ごあいさつ ■□■

辞書で「惑う」を調べてみると
「平常心をかき乱すような事に心を奪われる」とあり、
その後に例文として
「四十にして惑わず」(=不惑)
という、この動詞を目にする機会として恐らく一番多い文章が続く。

実際どうなのかはともかく、大人は簡単には「惑わない」のが理想ということなのだろう。

で、改めて考えるに、
「平常心をかき乱すような事に心を奪われる」のは、
それは果たして避けるべき事態なのでしょうか?

少なくとも、そういう機会が一度も無い人生は避けたい気がする。
ただし、そういうのは若いうちにやっとけ、ということだろうか。

漢字だけに注目すると「惑」は他に、
「誘惑」
「幻惑」
といった言葉にも使われる。
だんだん魅力的な字に思えてきた。
(「疑惑」とか「迷惑」とかもあるけど)

しまいには、「惑」という字面をずっと眺めているだけで、どこかに連れ去られてしまいそうだ。
その先が恍惚なのか、あるいは深い闇なのかわからない所がまた……ああ、「惑」……(ゲシュタルト崩壊とは言わないで欲しい)

と、ここまで書いて、この漢字には更に、
「惑星」
という、お馴染みの使用形態もあることに気づいた。

そもそも、全人類が生まれ落ち暮らし続ける場所が、常に惑い続けているわけだ。

というのは無理やりだとしても、
この字についてちょっと考えただけで、思索があちこちに飛び、悪くない感じです。

正直、「惑ひ」というタイトルも、「惑い」じゃなくて「惑ひ」なのも完全に思いつきだったけど、
僕もキャストもこの字にいいように振り回されながら、
観客の皆様を、不安なのか快感なのかが不明のムズムズに陥れる作品を、創る所存です。

稽古場に一人くらい冷静な人もいることを願いつつ。

ご来場、心よりお待ちしております。

劇団競泳水着主宰・上野友之
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:相内唯史(at will) 
舞台装置:青野守浩
照明:海老澤美幸
演出助手:鎌江文子
宣伝美術:デザイン太陽と雲
宣伝写真:堀川高志(kutowans studio)
制作協力:三坂恵美(観劇三昧) 
プロデューサー:笠原希(ライトアイ)

企画・製作:劇団競泳水着

大阪市助成公演

[情報提供] 2015/03/10 12:16 by ライトアイ

[最終更新] 2016/01/05 09:08 by ライトアイ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

U

U(0)

大阪部、始動します! よろしくお願いします。

ライトアイ

ライトアイ(1)

制作

劇団競泳水着・初の大阪滞在制作が実現します。大阪を中心...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大