演劇

JACROW#19

消失点

デザイン:川本裕之

0 お気に入りチラシにする

演劇

JACROW#19

消失点

JACROW

SPACE 雑遊(東京都)

2015/05/13 (水) ~ 2015/05/17 (日) 公演終了

上演時間:

舞台はとある警察署内取調室。
刑事と被疑者、参考人との会話劇。
市内で起きた児童放置死事件の関係者たちが取り調べを受けている。
シングルマザーである母親が部屋に子どもを置き去りに出掛けた末の悲劇だった。
今、考えれば、子どもを救うことはできたのかもしれない。
もし児童福祉局の職員が手...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/05/13 (水) ~ 2015/05/17 (日)
劇場 SPACE 雑遊
出演 谷仲恵輔、廿浦裕介、蒻崎今日子、中村暢明、松葉祥子、本東地勝(T1project)、小平伸一郎、田村往子、吉田テツタ
脚本 吉水恭子
演出 中村暢明
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】2015/03/28
(日時指定・全席自由)
一   般 前売3500円 当日3800円
平日昼間 前売2700円 当日3000円(割引併用なし)

※学生割引 前売2500円 当日2800円(要学生証提示)
※四十割引 前売3200円 当日3500円(40歳以上の方対象。要証明証提示)
サイト

http://www.jacrow.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 平成27年5月
13日(水)20:00
14日(木)20:00
15日(金)15;00/20:00
16日(土)14:00/19:00
17日(日)14:00/19:00
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
説明 舞台はとある警察署内取調室。
刑事と被疑者、参考人との会話劇。
市内で起きた児童放置死事件の関係者たちが取り調べを受けている。
シングルマザーである母親が部屋に子どもを置き去りに出掛けた末の悲劇だった。
今、考えれば、子どもを救うことはできたのかもしれない。
もし児童福祉局の職員が手を差し伸べていたら?
もし学校が母子家庭に踏み込んでいたら?
もしその母親がもっと器用な人だったら?
もし・・・だったら?
いつの世も悲劇は「たられば」で解決できる。
でも子どもは永遠に帰ってこない。

今回、脚本を吉水恭子、演出を中村暢明のコンビで作劇。
昨今、後を絶たない児童放置死事件を題材にした刑事ドラマである。
JACROW初の脚本×演出コンビに、どうぞご期待ください。
いつもと同じ吐き気がするほど濃密な空気を。劇場で。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:青木拓也
照明:阿部康子
音響:岩野直人(ステージオフィス)
宣伝美術:川本裕之
宣伝写真:石澤知絵子
モデル:八敷まこと/八敷龍
線画提供:北原玲子
舞台監督:吉田慎一(Y’s factory)
記録:鈴木淳
制作:吉水恭子/高嶋みあり
制作補:芝居屋風雷紡
企画・製作:JACROW
協力:黒田朋子(JACROW)/少年社中/スターダス・21/トリアス/ベリーベリープロダクション

[情報提供] 2015/03/01 15:22 by JACROW制作部

[最終更新] 2015/06/27 23:40 by JACROW制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー14

ジュン

ジュン(0)

役者・俳優 ダンサー 制作

舞台写真で参加します。

関 智恵

関 智恵(0)

演出助手 舞台監督 制作

演出助手の関です。よろしくお願い致します。

タム

タム(0)

田村往子、初参加です。よろしくお願いいたします!

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大