演劇

黄金山アタック第12回公演

逆しら

デザイン:山本 泰子

0 お気に入りチラシにする

演劇

黄金山アタック第12回公演

逆しら

黄金山アタック

広島市東区民文化センター(広島県)

他劇場あり:

2015/03/05 (木) ~ 2015/03/08 (日) 公演終了

上演時間:

「逆(さか)しら」とは、逆柱(さかばしら)のこと。
逆柱は日光東照宮の陽明門にある12本の柱の一つで、この一つだけ模様が逆さに立てられている。
これは、完全につくった途端、崩壊が始まるということから、一本だけわざと逆さにし、この建築物は完璧でないので崩壊せず、未来永劫残るという願いが込めら...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/03/05 (木) ~ 2015/03/08 (日)
劇場 広島市東区民文化センター
出演 芦田なつみ、中島由美子、梶田真悟(コムタンタン)、柳沼昭徳(烏丸ストロークロック)
脚本 藤井友紀
演出 藤井友紀
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,300円
【発売日】2015/02/10
一般前売り/2,800円、当日/3,300円
22歳以下前売り/2,000円、当日/2,500円
高校生以下/500円(前売り当日とも)
サイト

http://ohgonzan.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月5日(木)19:30
3月6日(金)19:30
3月7日(土)14:00/19:00
3月8日(日)14:00
説明 「逆(さか)しら」とは、逆柱(さかばしら)のこと。
逆柱は日光東照宮の陽明門にある12本の柱の一つで、この一つだけ模様が逆さに立てられている。
これは、完全につくった途端、崩壊が始まるということから、一本だけわざと逆さにし、この建築物は完璧でないので崩壊せず、未来永劫残るという願いが込められている。
一方で「逆柱」という妖怪の話もある。逆さに立てられた柱が夜泣くという。
未来永劫の為に犠牲となって泣いている柱。
それは、自然の中で不自然に生きている人間のようで、そういう逆柱の説を織り交ぜた物語
その他注意事項
スタッフ 【照明】小早川 洋也(SPAC)
【音響】佐々木 正和
【舞台美術】杉山 至(青年団)
【制作協力】山田 めい、市原 真優、坂田 光平 
【制作統括】岩崎 きえ

[情報提供] 2015/02/13 13:39 by KIE

[最終更新] 2015/07/29 22:23 by KIE

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

KIE

KIE(20)

制作

無事広島公演を終えることができました。 5年というブ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大