売るものがある性 公演情報 売るものがある性」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.5
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★

    独白
    江本さんの主催の毛皮族はカオスさが好きなんだけど、こちらはまた違った江本さんの顔が見れる劇。

    ネタバレBOX

    途中、自分のことについて独白するシーンがあるんだけど、それが役者本人の独白なのは面白い。
    この劇はどこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションなんだろう。
    佐久間麻由さんは「墓場女子高生」以来かな?相変わらず綺麗なお方。
  • 江本ワールド
    何とも表現し難い作品。ある意味『コーラスライン』だな。食品工場?の…『君たちキウイ…』の時の動き…左手をごにょごにょする…笑える。しんぺーさんのオバサンに、心くすぐられた。佐久間麻由さんは何してもカワイイ。荻野友里さんが意外と逞しくてトキメク。ラストを、あの香りの中であの台詞で締めるシュールさ。いいね。市川しんぺーさんと荻野友里さんの息のあったコンビネーションが最高。寒さに耐える荻野さんの脚を擦ったりバタつかせたりする姿がリアル。二人のペチペチダンスが袖から戻ってくるのも堪らない。豆乳、チョコ、ピーナッツ、カマンベール。あれは何だったのだろう。やけに気になる。そして、佐久間麻由さんのスタイルが美し過ぎて見惚れる。ときめく。

  • 満足度★★★

    なかなかなか。
    江本さん作品はこれが初見。
    正直、内容はなかなか理解しずらくて、何をこの作品で表現したいのだろう?と考えてしまうのが残りました。


    が、いくつかのセリフは残って、それが私にとってのこの劇をみた意味になっています。

    ネタバレBOX

    舞台上で、江本家の人物を、場面場面で演者が変わるという設定。
    自ら志願して、母親役であったり江本さん自身であったりを演じる。
    いったい今誰がどの役なのかが、こんがらがってきたりがあり。

    「老いる」に関するセリフ、女も年齢を重ねて醜くなっていく。
    それは当たり前で、でもそれを受け入れられない世の中、いつまでも若くいたい、その感覚へのメッセージでもあるように思いました。

    なにより、江本さんがマクロビにはまっているというお話。(根本さんとのアフタートークにて)
    過去の作品のことをちょっと調べていたので、今回の作品への変化に、思わず納得しました。
  • 満足度★★★★

    良い感じでした
    話しは普通と言うか、超私小説的な作品で、特に面白いといった印象は無いけど、いろいろと趣向を凝らした演出で面白かった。

    前作との比較にはならないけど、普通の演劇作品としてみて、楽しめました。

    佐久間麻由さんは、前作でも江本さんの作品に出てましたが、とても良い動きをする役者さんで、かなり好きですね。

    さらに個人的には、荻野友里さんをあんな使い方出来るのは、江本さんしかいないから、それだけでも見る価値あった。

    根本宗子さんのアフタートークも、今回の降板劇や作品の話など、いろいろと聞けて面白かった

  • 満足度★★★★

    ナンセンスっぽくてシュールで?...
    自分のフィーリングながら、この手の作品は「早く終わって欲しい」と思うものと「ついついみてしまう」ものがあって、これは後者でした(この感じ方違いは、自分でもうまく、説明がつきませんけど)。主宰ご本人の画像はやや挑戦的?ですが、アフターで出られた話しぶりなどから、とても柔らかで生活を感じさせる方でした(初めて演劇をご覧になる方には、大推薦!とはいかないかも、と思いました)。

このページのQRコードです。

拡大