演劇

弾丸MAMAER4月公演

吾はイモなりイモなり

弾丸MAMAER

シアタートラム(東京都)

2008/04/10 (木) ~ 2008/04/13 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
戦争の影響が色濃い昭和10年代、広島。
渓谷深まる山間部の平和境にある、とある小さな村。
娯楽乏しく貧しき農村に埋もれる、「発明家エジソン」を慕った秀才青年の儚き希望。
そんな彼がある晩覗き見たものは、「色欲」と「奇異」で彩られた村民たちの真の姿であった。
軍国主義の風...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/10 (木) ~ 2008/04/13 (日)
劇場 シアタートラム
出演 中村哲人、川根有子、山口晶由、河合伸之、田仲晶、たかくら未奈、安藤純、染谷恵子、他
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,800円
【発売日】2008/03/01
前売り:3500円、当日:3800円、団体:3200円(3名より。劇団扱いのみ)
サイト

http://dangan-mamaer.gogo.tc/home/home.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
戦争の影響が色濃い昭和10年代、広島。
渓谷深まる山間部の平和境にある、とある小さな村。
娯楽乏しく貧しき農村に埋もれる、「発明家エジソン」を慕った秀才青年の儚き希望。
そんな彼がある晩覗き見たものは、「色欲」と「奇異」で彩られた村民たちの真の姿であった。
軍国主義の風潮にならわず、強靭な夢を抱く青年に降りかかる、酷薄世間の白眼視。
「常民」の影に隠された、「非常」な伝統に溺れる村の滑稽な実態。
理不尽にも村民から疎外され、憎悪の念に支配された異端青年の目論む、生きんがための復讐劇とは―
この村は、食うてクソして寝て起きて、さてその先は、みんな死ぬだけじゃ。

【解説】
果たして、美徳か悪徳か。
貧しい生活に隙間見た、「常人」と「非常人」のふたつの生き方―
2005年上演『昭和スキャンティ』以来、三年ぶりのシアタートラム公演!
弾丸MAMAERが織り成す、ファン待望、騒乱の「昭和シリーズ」最新作!!

その他注意事項 劇場託児施設・車椅子スペースあり(要事前予約)
スタッフ 【美術】 佐藤 朋有子
【照明】  中山 仁
【音響】  宮崎 裕之(predawn)
【舞台監督】  山田 和彦

[情報提供] 2008/02/14 15:41 by chikako

[最終更新] 2008/04/03 11:47 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

ソメ

ソメ(0)

刺激のない日常にあきあきしている方・・・是非お越しを!!

あっき~

あっき~(0)

2008年最初を飾るにふさわしい、壮大で濃厚な作品です...

カワネン

カワネン(0)

ゆうこ

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大