演劇

戦後70周年特別企画

広島に原爆を落とす日

0 お気に入りチラシにする

演劇

戦後70周年特別企画

広島に原爆を落とす日

松竹

京都四條南座(京都府)

他劇場あり:

2015/04/03 (金) ~ 2015/04/06 (月) 公演終了

上演時間:

究極の愛を描く、つかこうへいの話題作!

『広島に原爆を落とす日』は、つかこうへいが1972年に発表した戯曲『戦争で死ねなかったお父さんのために』をもとに、1979年に『広島に原爆を落とす日』として初演され、大きな話題となった作品です。第二次大戦の中、恋愛など自由にならない男と女。海軍参謀...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/04/03 (金) ~ 2015/04/06 (月)
劇場 京都四條南座
出演 戸塚祥太、早織、蔵下穂波、阿南健治、曽我廼家寛太郎、藤山扇治郎、藤山扇治郎、三浦祐介、胡蝶英治、神在ひろみ、柑奈めい、小野寺崇、蟹田光国、木村明弘、井上賢嗣、杉山圭一、小川智之、逸見輝羊
脚本 つかこうへい
演出 錦織一清
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 9,500円
【発売日】2015/02/28
1等席:8,500円
2等席:5,500円
特別席:9,500円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2015/4/post_224.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 昼の部:12:00~
夜の部:16:00~(3日、6日は18:00~)

4月3日(金)18:00
4月4日(土)12:00 / 16:00
4月5日(日)12:00 / 16:00
4月6日(月)18:00
説明 究極の愛を描く、つかこうへいの話題作!

『広島に原爆を落とす日』は、つかこうへいが1972年に発表した戯曲『戦争で死ねなかったお父さんのために』をもとに、1979年に『広島に原爆を落とす日』として初演され、大きな話題となった作品です。第二次大戦の中、恋愛など自由にならない男と女。海軍参謀本部に勤務する男の、究極の愛。プリミティブな社会情勢の中であぶり出される人間の滑稽さ、ユーモア、作者独特の視点が垣間見えるこの作品に、戦後70年の本年、脚色・演出の錦織一清と、戸塚祥太をはじめとする多彩なキャストが挑みます。


■STORY■
 1944年、白系ロシアの混血であるが故に、海軍作戦参謀本部から南海の孤島に追いやられた男・デイープ山崎少佐は、日本が戦勝国となった時の、敗戦国の子供たちに配る納豆作りをしている。しかし、来たるべきデモクラシー、そして愛する女・夏枝への思いが募り悶々とした日々を送っている。一方、夏枝は、アメリカの原爆投下地点をドイツにすべく、単身ベルリンで工作中であった。
 ナチス総統アドルフ・ヒトラーは、無垢なる美しさを秘めた夏枝の愛を成就させるために、ドイツ第三帝国と共に自らの命を絶つことを選ぶ。悪魔の光を放つという原子爆弾は、ボタン一つで数十万人の命を奪うという。そんなことが正気の人間にできるはずがない。しかし、選ばれた男は、日本海軍102師団デイープ山崎少佐だった。すべてを悟った男が原爆搭載機・B29エノラゲイに乗り込んだ。離れ離れになっていた男と女。再会が広島に・・・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/02/02 17:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/04/22 14:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大