歌舞伎・伝統芸能

スパイラル聲明コンサートシリーズvol.23「千年の聲」

語りものの源流 TPAMショーケース2015

明恵上人作「四座講式」800年紀

デザイン:井原靖章

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

スパイラル聲明コンサートシリーズvol.23「千年の聲」

明恵上人作「四座講式」800年紀

語りものの源流 TPAMショーケース2015

声明の会・千年の聲

スパイラルホール(東京都)

2015/02/14 (土) ~ 2015/02/15 (日) 公演終了

上演時間:

建保3(1215)年2月15日
栂尾高山寺の涅槃会(ねはんえ)から唱え継がれて800年

仏教寺院で僧侶が法要で唱える声楽を聲明(しょうみょう)といいます。
1200年の伝統を誇る聲明の中でも、明恵上人によって作られた『四座講式』は、釈迦を恋慕する想いが情感溢れる新しい聲明を創り出し、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/14 (土) ~ 2015/02/15 (日)
劇場 スパイラルホール
出演 迦陵頻伽聲明研究会(真言宗)、七聲会(天台宗)
脚本
演出 田村博巳
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,500円
【発売日】2014/12/26
■料金:
前売 4,300円/当日 4,500円
3公演通し券 10,000円 ※前売のみ・スパイラルのみ取扱い
サイト

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1341.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ■日時:2015年
2月14日(土)16:00開演(15:30開場)「涅槃講式」

2月14日(土)19:00開演(18:30開場)「羅漢講式」「遺跡講式」

2月15日(日)16:00開演(15:30開場)「舎利講式」
説明 建保3(1215)年2月15日
栂尾高山寺の涅槃会(ねはんえ)から唱え継がれて800年

仏教寺院で僧侶が法要で唱える声楽を聲明(しょうみょう)といいます。
1200年の伝統を誇る聲明の中でも、明恵上人によって作られた『四座講式』は、釈迦を恋慕する想いが情感溢れる新しい聲明を創り出し、浄瑠璃や平曲など日本の語りものの源流となったと云われています。

美しい日本語で綴られた釈迦にまつわる四つの物語<涅槃・羅漢・遺跡・舎利>を 2015年の 800年紀を記念して連続上演いたします。


「涅槃講式」 
沙羅双樹の下で入滅した釈尊の最後の様子を伝えます。

「羅漢講式」 
釈尊から仏法を護持することを託された16人の仏弟子たちの物語です。

「遺跡講式」
菩薩樹など釈尊ゆかりの遺跡を尋ねた人々の物語です。

「舎利講式」
仏法を伝えるために遺された釈尊の遺骨(仏舎利)の功徳を物語ります。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2015/01/09 18:55 by NPO KAIBUNSHA

[最終更新] 2015/02/14 23:32 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大