スーサイド・イズ・ペインレス 公演情報 スーサイド・イズ・ペインレス」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.8
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    とても、
    とてもおもしろい、同じ役を女性が全員やるという試み。
    中だるみさえしなければ最高でした。
    篠原さんの演技が一番好み。

  • 満足度★★★★

    じわじわ
    いろんな挿話を演じ終わるたびに 役柄がシャッフルされ、とくに恋人役は 複数の女優が代わる代わる演じるので 観てる側のイメージづけをその都度崩される。あえてイメージを固定しない、させない。そういえばオープニングでそれを示唆するような演出があったなあ。

    なんとなく 置いてきぼりにされたようなラストは 乱暴な気もするが、結局「スーサイド イズ…」って何なの って詰め寄りたい気もするが、劇中の笑いも、気持ちいいってところも逆にイライラするところも あとからじわじわくる

  • 満足度★★★

    ラストシーンよかった
    です。ネタバレボックスに。

    ネタバレBOX

    カエデさんとは結局誰だったのか…

    オープニングも、かっこいいようでかっこよくはなりきれてなくみんな仮面を上げ下げする手もだらだらしていたりなんかして、どこまでわざと?と思いながら見てました。

    ところどころで思わず笑いが起きちゃうのがうまい!

    でも最後のほうはもうひとひねり欲しかった感…
  • 満足度★★★

    等身大?。
    演劇青年を主人公に、「ありそー」話を散りばめつつ、テンポよく面白く魅せる。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    どうしてカエデ役を複数の女優さんたちが演じるのか、と思ったが、ラストでその仕掛けが分かる。

    ただ、引っかかったのは、所詮、芝居を書く場合、少なからず創作の部分はあるはず。それは素人でも分かっているはず。

    それを複数のカエデさんたちが、「あそこは現実と違う」等々と言いたてるのは、一寸無理がある、ように私には感じられた。
  • 満足度★★★★★

    虚々実々
    身も蓋もないこと言われても困っちゃいます。

    ネタバレBOX

    学校の非常勤講師をしながら演劇を続けているホンマが、演劇を始めるきっかけとなった学生の頃からこれまでを、大好きだったカエデさんとのエピソードを虚々実々織り交ぜながら描いた話。

    女優陣がカエデを交代で演じ分ける方式でした。20代の自分がずらーっと並んで成長記録を描いたお芝居があったことを思い出しました。

    途中で同棲相手が脚本を読んで内容に嫉妬したり、最後、それぞれのカエデがあれは何と、盛ったことをなじっていましたが、経験を切り売りしつつもそりゃストーリーを作ります、そんな殺生な、そんな身も蓋もないことを言われても困ってしまいますという感じで笑いました。

    学生時代の、多目的ホールにおける火の使用の可否についての不毛な議論も面白かったです。結局は誕生日ケーキに小さなロウソクを10本立てる話でしたから。

    ラストシーンで最後のカエデ役をそれまで同棲相手役をしていた女優が演じたので不思議な感覚になりました。

このページのQRコードです。

拡大